ラック、Opening Lineとブロックチェーン技術分野で業務提携

株式会社ラック

From: DreamNews

2022-06-13 11:30

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、株式会社Opening Line(代表取締役社長:佐々木亮一、以下 Opening Line)とブロックチェーン技術分野で業務提携契約を締結したことを、2022年6月13日に発表します。

ブロックチェーンはAI、IoTと並んでDX分野で期待される技術の一つです。暗号技術によって、正確な取引履歴を維持するため、データの破壊や改ざんが極めて困難と言われています。これまで解決できなかったデジタルデータ特有の課題を乗り越える新しい手段として、ビジネスへの応用や社会変革の可能性が期待されています。

ラックは、ICTで街全体のセーフティと地域活性化を目指す「town」構想の実現に向け、独創的な技術やアイデアを持つ企業との連携を図っています。Opening Line社は、ブロックチェーン技術を様々な分野で実装し、安心・安全な社会を実現することを目指しており、2022年度上半期にブロックチェーンを活用したファイル送受信クラウドソリューション「JUGGLE(ジャグル)」を発表予定です。今回の業務提携により、開発中のJUGGLE製品化のスピードアップや、town構想で扱うデータのセキュリティを確保するためのブロックチェーン適用を図ります。



具体的な業務提携の内容は以下となります。

(1)Opening Line社が開発・提供する「Juggle」の機能・サービス拡販に関する協業推進
(2)ラックが開発・提供する「town」へのブロックチェーン適用に関する協業推進
(3)両社の協業による新サービスの共創開発推進

ラックはOpening Line社との業務提携を通じてブロックチェーン技術の社会実装を推進することにより、安心・安全な社会の実現に貢献してまいります。


■株式会社 Opening Line について( (リンク ») )
製造業向けのブロックチェーンを利用したサプライチェーンマネジメントシステムの構築をはじめ、ヘルスケア、介護福祉、教育、採用などさまざまな領域へのブロックチェーン技術の社会実装を行い、「安心・安全・協調」社会を実現することを目指しております。

■株式会社ラックについて ( (リンク ») )
ラックは、システムインテグレーションとサイバーセキュリティの豊富な経験と最新技術で、社会や事業の様々な課題を解決するサービスを提供しています。創業当初から金融系や製造業など日本の社会を支える基盤システムの開発に携わり、近年ではAIやクラウド、テレワークなどDX時代に適した最新のITサービスも手掛けています。また、日本初の情報セキュリティサービス開始から25有余年にわたり、国内最大級のセキュリティ監視センターJSOC、サイバー救急センター、脆弱性診断、ペネトレーションテストやIoTセキュリティなど常に最新のサイバー攻撃対策や事故対応の最前線に立ち、情報セキュリティ分野のリーディング企業としても成長を続けています。

* ラック、LACは、株式会社ラックの国内及びその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名・団体名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。
* 記載されている情報は、発表時点のものです。その後予告なしに変更となる場合があります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]