経済産業省から「DX認定事業者」に認定されました!

小田急電鉄株式会社

From: PR TIMES

2023-02-10 18:16

~DXを通じた既存事業の変革や新規事業の創出を推進します~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)は、2023年2月1日(水)に、経済産業省のDX認定制度に基づく「DX認定事業者」に認定いただきました。
DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づく、「デジタルガバナンス・コード」に対応し、DXを推進するための戦略や体制等について経済産業省の基準を満たす優良な取り組みを行う事業者を国が認定するものです。



[画像: (リンク ») ]

当社では、2021年4月に経営ビジョン「UPDATE 小田急~地域価値創造型企業にむけて~」を公表、全ての事業で「DX」「共創」「ローカライズ」の発想を徹底して考え方を変革し、既存事業の成長や新規事業の創出により、地域に新たな価値を創造する企業を目指しています。なかでも「DX発想」では、これまで成長させてきたリアルのビジネスをデジタルで変革することを掲げています。

同経営ビジョン公表以降は、全社横断的にプロジェクトチームを組成し、鉄道・不動産をはじめとする既存事業のクラウド化やIoT化の推進、デジタル分野での新規事業開発、新たな顧客接点の開拓、システムの全体管理とセキュリティ体制の強化、デジタル人材の育成を推進するなど、全社的にDXに関する取り組みを加速させています。

今後も、DX認定事業者として取り組みをより一層推進し、DX等の発想による既存事業の変革や新規事業の創出を通じて、地域課題の解決やお客さまの体験価値の創造に努めてまいります。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]