4人に1人は40代から介護士に!3割の人は転職エージェントを使って転職を経験【現役介護士150人に調査】

ユニークキャリア株式会社

2023-04-28 00:00

ユニークキャリア株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:岸田佳祐、公式サイト:https://1dau.co.jp)は、介護業界への転職者を対象に「介護士への転職に関する調査」を実施しました。 詳細はこちら(https://1dau.co.jp/kaigositensyoku-agent/#i-108)
【調査概要】
調査対象:無作為に抽出した5,000人及び介護士として転職経験のある150 人
調査期間:2023年04月13日 ~ 2023年04月19日
調査機関:自社調査
調査方法:Freeasyを使用したインターネット調査


・4人に1人は40代から介護士デビュー

初めて介護士として働き始めた年代は40代が24%。また、39%の人は20代から働いていることから、新卒で介護士になることが一般的でありつつ、いつからでも介護士デビューができることがわかる。


・転職の際に転職エージェントを使う人は3人に1人

介護士として転職する際に、28%の人は転職エージェントを利用していることが判明。以前と比べて介護士に特化したエージェントが増えてきているため、利用する割合も増加傾向である。


・介護士転職エージェントで利用頻度が最も高いのは「カイゴジョブ」

実際に転職エージェントを利用した経験のある150人に調査したところ、カイゴジョブが最も多く利用されていることが判明した。

第2位として「介護ワーカー」がランクインしていることから、介護士に特化した転職エージェントを使うことがおすすめだ。


・介護士転職エージェントを使う良さ1位は「求人数の多さ」

介護士転職の際に転職エージェントを使う良さとして1位に「求人数の多さ」と「エージェントの担当者の介護士転職に関する知識の豊富さ」が挙げられた。

転職先の選択肢が多いということはそれだけ、自分に最適な職場選びができるということであるので、親身に相談に乗ってくれるエージェントを探すことがおすすめだ。


・転職エージェントを使って失敗した理由1位は「求人内容が合わない」

どれだけ求人数が多いとはいえ、希望条件に合わない場合もある。1つの転職エージェントだけでなく、複数のエージェントを使ったり、人脈を使って希望条件にある職場を見つけることが大切である。


※全ての集計結果データは以下から閲覧可能です。
URL: (リンク »)
関連記事(おすすめ介護士転職エージェント)
: (リンク »)

■ユニークキャリア株式会社の概要
所在地:東京都豊島区南大塚3丁目30-12-302
代表者:代表取締役CEO 岸田佳祐
設立:令和元年
資本金:500万円(100%創業者保有)
事業内容:webメディアの運営
関連会社:株式会社ゴルフ部( (リンク ») )

■運営メディア一覧
ユニークキャリア: (リンク »)
転職タイムス: (リンク »)
キャリアの実: (リンク »)
フリーランスの攻略本: (リンク »)
ライブナウ: (リンク »)


※本アンケート結果を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・出典元が「ユニークキャリア」であることを明記してください
・本調査元会社へのリンク( (リンク ») )
・本調査の該当記事へのリンク( (リンク ») )を設置してください

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]