静銀信用保証がWeb版の保証・求償債権管理システムを採用

株式会社アイティフォー

From: PR TIMES

2023-07-12 18:46

新たなワークスタイルと社会の変化に対応できるシステムへ

株式会社アイティフォー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐藤恒徳)は、静銀信用保証株式会社(本社:静岡県静岡市、代表取締役:佐々木伸成、以下「同社」)がWeb版の保証・求償債権管理システムを採用されたことを本日発表します。
Web版は、現行のクライアントサーバー型システムの後継にあたります。現行システムの機能や操作性を維持することにより、習熟した業務を大きく変えることなく、働く場所の自由度を上げるなどWebシステムのメリットも享受できます。また、しずおかフィナンシャルグループが推奨するクラウド基盤を利用することで、グループ内のシステム面の標準化と連携を強化します。



◆導入の背景
2022年10月に静岡銀行グループは、持株会社体制への移行に伴い「しずおかフィナンシャルグループ」として新たなスタートを切り、システム面においてもグループ全体で連携を深める動きが強まっています。その一環として、グループで導入を推進しているクラウド基盤上に、グループ会社のシステムを集約する方針があります。
同社は現行システムの稼働から5年が経過し、クラウド基盤を利用する形でのシステム更改を検討されていました。また、グループ全体でワークスタイル改革を進めており、遠隔地からでも業務ができる環境づくりに継続的に取り組んでいます。ロケーションフリーな働き方の推進のためにも、専用端末を必要とするクライアントサーバー型システムからの脱却が求められていました。
新システムは、ユーザーが2017年の現行システム導入時から習熟してきた機能や操作性を概ね維持できる点、静岡銀行様にてご利用いただいている当社の住宅ローン審査システムとのシームレスな連携が可能である点に加え、画面の視認性の高さなども評価いただきました。

◆導入概要
同社はWeb版の保証・求償債権管理システムを導入されます。現行システムは同社独自のプラットフォーム上にありますが、新システムはしずおかフィナンシャルグループ推奨のクラウド基盤上に構築されます。静岡銀行様の住宅ローン審査システムと連携し、担当部署の20名余りが主体となって利用される予定です。また、これを機に業務の見直しを実施することで、よりパッケージシステムに合わせた業務へと改革を進めます。

◆期待される導入効果
現行システムから機能や操作性を継承するため、ユーザーにとっての移行がスムーズであり、UI改善により業務のスピード・正確性の向上も望めます。インフラ面では、同じクラウド基盤上のシステム間で効率的な連携が可能となるほか拡張性も高いため、社会のニーズに応えてグループ全体で改革が求められる際にも効果的です。
さらに専用端末が不要なことから、担当部署の増員の際にインストレーション作業の手間がなくなるほか、働く場所の自由度が高まりワークスタイル改革の推進にも寄与します。

◆今後について
同社はITを活用することにより、グループを横断したデータ収集・分析力の強化を図ることでグループ間のシナジーを生み出し、新たなビジネスチャンスを見出したいと考えられています。アイティフォーは、引き続き同社ならびに同グループの改革のご支援に努めてまいります。

◆静銀信用保証様について
住宅取得希望者に対する信用保証サービスの提供を通じて、お客様の住宅ローン利用を円滑化し、マイホームという夢の実現をお手伝いしています。お客様がゆとりある生活を送れるようサポートし、人が集まる元気な地域づくりへとつなげていきます。
【概要】
名称   :静銀信用保証株式会社(静岡銀行100%出資)
代表者  :代表取締役 佐々木 伸成
本社所在地:静岡市清水区草薙北2番1号
事業内容 :信用保証業務 信用保証業務に附帯または関連する一切の業務
URL   : (リンク »)

[画像: (リンク ») ]


◆保証・求償債権管理システムとは
主に銀行系保証会社向けのパッケージソフトウェアとして、「保証管理システム」と「求償債権管理システム」を組み合わせたシステムです。2つのシステムを導入いただくことで、母体行から連携されるデータをもとに、保証受付から引当金計算を自動処理する保証会社向け基幹システムとしての役割を果たします。審査システムや延滞債権管理システムと連動させることが可能となっており、保証業務の効率化を実現します。


【製品URL】
・保証・求償債権管理システム
(リンク »)

【プレスリリースURL】
(リンク »)

【アイティフォーについて】
アイティフォーは、1972年の創業以来、地域のお客様を中心にITソリューションをご提供してきました。1983年に日本で初めて開発した「延滞債権管理システム(オートコールシステム)」をはじめ、自治体向けサービスやキャッシュレス決済、セキュリティなどさまざまな分野のソリューションで地方DX、さらには地方創生に貢献しています。お客様だけでなくその先にいる社会の人々のニーズに「寄り添うチカラ」で応えるべく、これまで蓄積してきた技術やノウハウに加え、イノベーションによる新たな価値をご提供します。

【報道機関からのお問い合わせ先】
広報部 TEL:03-5275-7914 E-mail:kouhou_ml@itfor.co.jp

【株式会社アイティフォーの概要】
会社名  :株式会社アイティフォー ※東証プライム(4743)
代表者  :代表取締役社長 佐藤 恒徳
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
電話   :03-5275-7841(代表)
URL    : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイティフォーの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]