スリーシェイク、電算システムと販売代理店契約を締結 データ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」の市場展開を強化

株式会社スリーシェイク

2023-08-22 14:00

株式会社スリーシェイク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉田 拓真、以下スリーシェイク)は、株式会社電算システム(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役社長執行役員:高橋 譲太、以下電算システム)と、データ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」において、販売代理店契約を締結したことをお知らせします。
技術力に強みを持つスリーシェイクと、広範なネットワークと優れた信頼性を有する電算システム社との販売代理店契約締結により、データ加工・連携ツール「Reckoner」の更なる拡販と顧客満足度向上に取り組み、日本企業のDX推進に貢献いたします。

サービスサイト: (リンク »)

データ加工・連携ツール「Reckoner(レコナー)」は、使いやすさを追求したETLツールとして、多くの企業にご利用いただいています。あらゆる広告、MA、SFA、CRMなどのデータを、ノーコードでラクに、データ集約、連携、加工を行うことができます。
また、電算システム社は、クラウド黎明期より Google Cloud™ を中心としたパブリッククラウドのサービス提供、活用支援を行い、3,000社を超える企業にクラウドサービスを提供されています。

スリーシェイクは、様々な提携先と高品質なサービスを持つ電算システム社との販売代理店契約締結により、多様な企業に、利便性の高いデータ加工・連携ツール「Reckoner」を提供することが可能になります。
電算システム社は、Google Cloud パートナーとして、3,000 社を超える企業に導入からサポート、活用支援までを一貫して提供し、企業の持つデータの活用をワンストップで提供してきました。ノーコードツールである「Reckoner」の提供開始により、Google Cloudが持つテクノロジーと組み合わせることで、データの利活用を加速化できます。

両社は互いの強みを生かし、顧客体験の向上と事業成長を見据えて本契約を締結しました。パートナーシップを通じて、「Reckoner」の更なる拡販と顧客満足度向上に取り組み、日本企業のDX推進に貢献してまいります。

■株式会社電算システム ICT事業本部 常務取締役執行役員・本部長 渡邉 裕介氏からのコメント
この度の「Reckoner」の取り扱い開始より、スリーシェイク様と協業できることを大変光栄に感じております。電算システムでは3,000社を超えるお客様に Google Cloud をはじめとするクラウド展開の価値を提供し続けて参りました。スリーシェイク様とのパートナー契約によりお客様のデータ利活用が促進し、経営課題の解決に繋がることを期待します。

■株式会社スリーシェイク 代表取締役社長 吉田 拓真からのコメント
3,000社以上に渡るGoogle 製品導入のエキスパート集団である電算システム様の「Reckoner」のサービス取扱い開始を心より歓迎いたします。電算システム様の持つ Google Workspace™ やGoogle Cloudを始めとした高いインテグレーション力と「Reckoner」の豊富なデータ加工/SaaS連携が組み合わさることで、より幅広いお客様のDX推進、クラウド化を支えていけるものと期待しております。

■株式会社電算システムについて
株式会社電算システムは、1967年(昭和42年)に岐阜県で創業し、独立系総合型情報処理サービス企業として、情報サービス事業と収納代行サービス事業を展開しております。情報サービス事業においては、パブリックドメインクラウドや自社データセンターによるクラウドサービスの提供や、DX事業を展開するインテグレーターとして、幅広い業種、業界に対して、デジタルトランスフォーメーションの推進を支援しています。

会社名:株式会社電算システム
所在地:岐阜本社 岐阜県岐阜市日置江1丁目58番地
東京本社 東京都中央区八丁堀2丁目20番8号 八丁堀綜通ビル
代表者:代表取締役社長執行役員 高橋 譲太
設 立:1967年3月14日
URL: (リンク »)
事業内容:情報サービス事業、収納代行サービス事業

■Reckoner(レコナー) とは
Reckoner はノーコード型 ETL、データパイプラインサービスです。
「仕様策定(プログラム設計)→ 実装 → テスト → 基盤構築 → 運用」と通常だと非常に煩雑なデータ連携を、Reckoner は全て GUI で完結。
データ活用をこれまでにない直感的な方法で実現可能です。

Reckoner では今後もお客様のデータ統合を容易に実現するための機能をリリース予定です。

【株式会社スリーシェイク】
スリーシェイクは、ITインフラ領域の技術力に強みをもつテクノロジーカンパニーです。2015年の創業から提供しているSREコンサルティング事業「Sreake(スリーク)」では、AWS/Google Cloud/Kubernetesに精通したプロフェッショナルが技術戦略から設計・開発・運用を一貫してサポートしています。またSRE領域で培ったノウハウをベースに、2020年4月にノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」を提供開始し、ビジネス分析やマーケティングへのビックデータ活用を簡易に実現可能としました。以後、フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」やセキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」を提供開始し、DX時代における技術戦略設計からセキュアなアプリケーション開発、データ活用までを一貫提供可能な体制を進めています。

会社名 :株式会社スリーシェイク
代表者 :代表取締役社長 吉田 拓真
所在地 :東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑
事業内容 :
SRE特化型コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」運営( (リンク ») )
セキュリティサービス「Securify(セキュリファイ)」運営 ( (リンク ») )
ノーコード型ETLツール「Reckoner(レコナー)」開発・運営 ( (リンク ») )
フリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」開発・運営 ( (リンク ») )
会社HP : (リンク »)

※ Google Cloud 及び Google Workspaceは Google LLCの商標です。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社スリーシェイクの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]