超短焦点壁掛け対応モデルプロジェクター『EB-815E』をラインアップ追加

エプソン販売株式会社

From: PR TIMES

2023-11-09 13:10

 エプソン販売株式会社は、ビジネスプロジェクターの超短焦点壁掛け対応モデルの新商品として、『EB-815E』(ブラックモデル)を2023年11月9日より発売します。2023年7月に発売した超短焦点壁掛け対応モデル「EB-810E」(ホワイトモデル)に、『EB-815E』(ブラックモデル)をラインアップとして追加します。



[画像1: (リンク ») ]

 28年連続国内シェアNo.1(注1)のエプソンのビジネスプロジェクターは、ビジネスシーンや教育現場での利用をはじめ、ショールームやミュージアムにおける映像による空間演出やプロジェクションマッピングなど、さまざまな利用シーンで多くのお客様にご利用いただいております。
(注1)1995~2022年実績 1,000lm以上の国内プロジェクター販売台数において 富士キメラ総研調べ。

 新商品は「EB-810E」同様、ビジネスシーンにおいてオフィスとホーム、リアルとオンラインをつなぐ、「ハイブリッドコミュニケーション」に適したモデルです。壁際10cm(注2)の超短焦点でワイド100型の大画面を実現できる設置性の良さと、明るさ5,000lmでスクリーン解像度4K(注3)による高品位な映像品質を実現。今回、新たにブラックモデルを追加することで、空間デザインに溶け込む設置が可能になり、没入感のあるイマーシブな映像体験をより身近にします。
[画像2: (リンク ») ]

(注2)本体から投写面の距離。
(注3)シフト技術を採用した4K相当の解像度となります。

【新商品の主な特長】
・空間に溶け込むブラックカラーとコンパクトな本体サイズ
・4K相当の解像度と5,000lmの輝度を両立した高品位な映像品質
・最小80インチから160インチの大画面を短い投写距離で実現
・レーザー光源採用のため、ランプ交換不要で手間を軽減

【新商品の価格、発売日について】
[画像3: (リンク ») ]

(注4)上記の参考価格はエプソンダイレクトショップ(エプソン直販サイト)での販売予定価格(2023年11月9日現在)であり、各販売店の販売価格を指示、拘束するものではありません。各販売店における販売価格は、各販売店にお問い合わせください。

以上
                                         

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エプソン販売株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]