エプソン販売、電子決裁サービスで申請処理を最短1日に短縮

NO BUDGET

2023-02-08 16:31

 シヤチハタは2月8日、エプソン販売が電子決裁サービス「Shachihata Cloud」を導入したと発表した。

 エプソン販売はフルリモート下でのデジタル承認手続き環境を整え、申請処理を1週間から最短1日に短縮。業務効率化に成功した。

 Shachihata Cloudは稟議書や申請書、見積書、請求書、注文/請書などに電子印鑑・電子署名を付与することができる。2022年には電子取引ソフトのJIIMA認証を取得した。

 エプソン販売は電子決裁サービスの選定において「管理者にとって使いやすい」ことを重要な要件とし、また「導入の手軽さ」「コスト」なども考慮して比較検討した。同社では申請作業に使う帳票が多く、捺印だけでなく回覧機能を備えているサービスが適しているとされ、他のサービスには回覧機能がなかったことも採用のポイントになったという。

 同社では地方から業務上の申請をするたびに、紙の帳票を作成し新宿本社の主管部門へ送付する必要があり、そのリードタイムは長い場合で1週間ほどかかっていた。Shachihata Cloudを導入することで、早ければ即日承認が完了するなど効率化を実現し、デジタルで申請業務ができることから根回しなどに掛かる余計な心理的負担も軽減されたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]