kintoneが新たにスペイン語に対応し多言語対応を推進

サイボウズ株式会社

From: PR TIMES

2023-12-11 12:16

日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)と合わせて5つの言語に対応

サイボウズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青野慶久、以下サイボウズ)は、12月10日に実施したアップデートで、kintone(キントーン)がスペイン語に対応したことを発表いたします。
すでに対応している日本語・英語・中国語(簡体字)・中国語(繁体字)に加え、公用語として使われている国と地域の多いスペイン語に対応したことで、国内のグローバル企業や海外の企業でよりご利用いただきやすくなります。



■スペイン語対応の概要
スペイン語対応は、国内外で販売されているkintoneに適用され、すべての地域でスペイン語をご利用いただけるようになりました。
アカウント設定の「言語」欄で「Español」を選択すると、画面の表示言語をスペイン語に切り替えることができます。

[画像: (リンク ») ]


この設定により、「kintoneシステム管理」「cybozu.com共通管理」もスペイン語で表示されます。

■今後の展望
サイボウズは、「チームワークあふれる社会を創る」をパーパスに掲げ、全世界のすべてのチームで弊社製品をご活用いただくことを目指しています。中でもkintoneは、グローバルで活用されることを前提に開発を進めている製品であり、多言語対応だけでなく、日付形式や数値形式を変更できる機能など、様々な国や地域でご利用いただくための機能追加、改修を行ってまいりました。
今後もより多くの地域で、もっと多くのチームや組織のチームワークに貢献できるような機能を提供してまいります。

なお、12月のアップデートで実施したスペイン語対応以外の変更は、アップデート情報ページをご参照ください。
(リンク »)

■kintoneとは
製品サイト: (リンク »)
東証プライム上場企業の3社に1社を含む、31,500社以上が利用しているサイボウズのノーコード・ローコードツール。ITの知識がなくても自社の業務に合わせたアプリを作成でき、日々変化する業務にあわせた改良も簡単に素早くできます。主な機能として「データベース+ワークフロー+コミュニケーション」の特性があり、顧客管理、出張申請、業務日報など幅広い用途で活用できるため、現場主導の継続的な業務改善を実現します。

※商標・著作権表示に関する注記については、こちらをご参照下さい。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]