ネットワンシステムズ、GX(グリーントランスフォーメーション) 教育サービスを提供開始

ネットワンシステムズ株式会社

From: Digital PR Platform

2024-02-09 13:00


 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:竹下 隆史)は、サステナビリティ経営におけるマテリアリティの一つとして掲げている「脱炭素社会への貢献」に向け、GX(グリーントランスフォーメーション)やカーボンニュートラルについて正しい知識を持ち、環境課題を自分事として考え、解決できる人財の育成に取り組んでいます。その一環として、GXに取り組もうとしている企業や団体、3時間でGXやカーボンニュートラルに関する基礎知識を学ぶことができる教育サービスの提供を2024年3月から開始します。自社だけでなく、サプライチェーン全体で必要な知識を身に付け、2050年カーボンニュートラルの実現を目指します。

■背景・目的
 近年、多くの企業や団体が世界的な環境課題である脱炭素に取り組むなかで、CO2や消費電力の削減、グリーンITソリューションの活用などの対応が求められています。しかし、基礎知識となるGXやカーボンニュートラルに関する用語、世界動向、企業として対応すべき取り組みなどについて学び、理解する機会はあまり多くないのが現状です。
 当社は、2022年よりGXに関する市場調査、グリーンITソリューションの開発、当社テクニカルセンターにおける消費電力・CO2削減、社内におけるGX研修、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に沿った気候変動対応に関する情報開示に取り組んできました。本教育サービスを通して、GXに関する基礎知識と、これまでの当社の取り組みで培ったノウハウをご提供し、お客様や社会のGX実現に寄与することを目指します。

■GX教育サービスの特徴
①3時間で脱炭素社会を取り巻く背景や、国内外の動向についての知識を身に付ける
本研修は、5章の講義を3時間で行います。設問を用意している章もあり、内容を振り返り、重点を押さえながら受講することができます。前半の第1章・2章で、カーボンニュートラル実現に向けた世界的な取り組みや国の施策など、GXを取り組む背景について理解を深めます。

②当社の取り組みを例に、GXにおいて企業や組織に求められている対応やその手法について知る
消費者や投資家といったステークホルダーの環境問題への意識や、企業や団体に求められている対応とその手法を中盤の第3章・4章で取り上げます。TCFD提言に基づき、企業や団体は、気候変動関連リスク及び機会に関する事項について開示することが求められています。当社の取り組み事例を用いながら、自社やサプライチェーンのGHG排出量を算定するための流れやデータ収集方法、計算方法などを解説します。また、受講後の企業活動やビジネスに役立ててもらえるよう、算定結果による排出量の削減方針やビジネスとのつながりまでご紹介します。

③GXに取り組んだ先の未来、各業界でのビジネス機会について知る
本研修で学んだ内容を実際に自社のビジネスや活動で取り組んでもらうために、最終章では、当社の市場調査結果をもとに、GXやカーボンニュートラルがもたらす市場の変化や課題、ビジネス機会について理解を深めます。

■GX教育サービスの概要
- メニュー名称:カーボンニュートラル入門
- 対象者   :GXに取り組もうとしている企業や団体
- 開催時期  :お客様ごとにご都合に合わせて実施します。
- 研修時間  :3時間
- 開催方法  :当社社員のインストラクターが研修を担当します。
        オンライン/オフラインどちらでも実施可能です。
- 料金    :都度お見積もりとなります。詳細はお問い合わせください。
- Webページ: (リンク »)

・メニューの目的
-カーボンニュートラルやGXの動向を知り、企業として達成すべき項目や温室効果ガス(GHG)排出量の一般的な算出方法、削減方法に関する知識や対応を説明できる。

-GHG排出量の削減するために、ネットワングループの取り組み事例を通じて、削減方針、体制や設定すべきKPIなどの考え方を理解する。

-国内の各業界において、カーボンニュートラルの実現に向けた課題やビジネス機会を理解する。

・アジェンダ
第1章:カーボンニュートラル実現に向けた取り組み
第2章:カーボンニュートラルの世界そして日本の動向
第3章:企業に求められる カーボンニュートラル/GX
第4章:ネットワングループにおける気候変動への対応
第5章:カーボンニュートラルを実現するための課題と機会

■今後の展望
 2050年カーボンニュートラル実現に向けて、当社は、企業としてCO2削減やグリーンITソリューションの開発に取り組んでいます。その自社でのGXに関する取り組みや知見をお客様に還元するため、今後もGX教育サービスメニューの拡充を進めて行くとともに、環境価値の見える化やカーボンクレジット関連ソリューションの開発も行ってまいります。

ネットワンシステムズ株式会社について
ネットワンシステムズ株式会社は、優れた技術力と価値を見極める能力を持ち合わせるICTの目利き集団として、その利活用を通じ、社会価値と経済価値を創出するサービスを提供することで持続可能な社会への貢献に取り組む企業です。常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、自社内で実践することで利活用ノウハウも併せてお届けしています。

※記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ネットワンシステムズ株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]