ネットワン、ネットワーク特化の独自LLMを開発へ--エンジニア業務の効率化・品質向上を目指す

ZDNET Japan Staff

2023-10-25 16:15

 ネットワンシステムズは10月25日、ネットワークに特化した独自の大規模言語モデル(LLM)「netone LLM」の開発に着手したと発表した。生成AI技術を自社業務に取り入れることで、業務の効率化や品質向上、新たなビジネスモデル創出などに挑戦するとしている。

 同社では、ネットワーク領域で長年培ったさまざまな技術ナレッジを取り込んだ生成AIチャット環境を整備。顧客提案や作業前レビューなど技術ナレッジの社内活用のほか、設計業務におけるネットワーク機器のコンフィグやドキュメントの作成、コンタクトセンター業務での問い合わせ対応や障害切り分け、解析業務などでトライアルを実施した。これにより、エンジニア業務の工数を約50%削減したほか、外注費や対応時間の削減にもつながることが分かった。

 今後は、エンジニアだけではなく全社的に利用できる環境を準備し、コーポレート部門においても活用を進める。また、生成AIの活用をテーマとしたアイデアソンやハッカソンの開催、勉強会や安全に活用するための利用ガイドラインの整備も進める。カスタマーポータルの問い合わせ対応にもトライアルを開始し、サービスの高度化に取り組むとしている。

 トライアル環境はクラウドサービスを利用し、汎用(はんよう)GPTをベースに開発した。しかし、ネットワーク設計、トラブルシューティングなど機密性の高い情報については、クラウドサービスでの利用が難しいため、自社内にGPUリソース、ネットワーク、ストレージ、AIソフトウェアで構成される生成AI基盤を構築し、社内利用向けの独自モデルとしてnetone LLMを開発する。他社ベンダーが提供するLLMとの連携も視野に入れているという。

 将来的には、ネットワークとセキュリティをオペレーションの側面から統合するNetSecOpsでも、生成AI技術を活用した迅速な障害切り分けや自動修復などを可能にするとし、さまざまな生成AI技術の活用によって、ネットワークインフラの設計・構築・運用・保守といった従来の提供モデルを抜本的に変革し、顧客体験(CX)の向上を目指す。

netone LLMの概要
netone LLMの概要

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]