HHKB HYBRID Type-S 神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品に新たに採用

株式会社PFU

From: PR TIMES

2024-02-20 12:46



[画像1: (リンク ») ]

株式会社PFU(代表取締役社長:村上 清治、以下PFU)は、Happy Hacking Keyboard(以下HHKB)が神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品として採用されたことをお知らせいたします。

HHKBシリーズは、無駄をそぎ落とす「ミニマライズの理念」の下に、「プログラマーが生涯使える理想的なキーボード」を目指して開発されました。基本コンセプトである合理的なキー配列とコンパクトサイズを四半世紀以上変えることなく貫く一方、技術や環境の変化に合わせてキータッチやマルチプラットフォーム対応を進化させ、プログラマーやエンジニアをはじめ多くのお客様にご支持いただいております。

HHKBの製造委託工場が神奈川県相模原市に立地することから、今回、HHKBが神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品として採用されました。

PFUは、これからも各地域振興の一助となるよう取り組んでまいります。

【ふるさと納税返礼品対象のHHKB】
HHKB Professional HYBIRD Type-S
HHKB Professional HYBRID Type-Sは、伝統の上にいくつもの革新を重ね、現代ITシーンにおけるあらゆる局面に難なく対応し、主にプログラマーに愛用されるフラッグシップモデルです。ホームポジションから手を動かさずにほとんどのキーを押下できる合理的なキー配列と静電容量無接点方式による極上のキータッチを特長としています。Bluetooth接続とUSB接続(Type-C)に対応し、PCやスマートフォンなど最大4台までBluetooth接続の登録が可能です。さらに、キーマップ変更ツールを使えば、お好みの配列にカスタマイズすることができます。

【HHKB Professional HYBRID Type-Sキーボード本体】

[画像2: (リンク ») ]



【HHKB Professional用キートップオプション(無刻印)】
プロフェッショナルの証である無刻印キートップセットです。

[画像3: (リンク ») ]




【HHKB Professional HYBRID Type-S+キートップオプション(無刻印) セット】
 タッチタイピングを極める方におすすめの必須アイテムです。
[画像4: (リンク ») ]

ふるさと納税サイト
ふるさと納税に関する詳細情報につきましては、以下を参照ください。
[画像5: (リンク ») ]

・楽天ふるさと納税: (リンク »)
・ふるさとパレット: (リンク »)
・JRE MALL ふるさと納税: (リンク »)
・ふるなび: (リンク »)
・ふるさチョイス: (リンク »)

関連リンク
・Happy Hacking Keyboardシリーズ紹介サイト: (リンク »)

<お客様お問い合わせ先>
株式会社PFU
ドキュメントイメージング事業本部 販売推進統括部HHKBプロモーション
E-mail:hhkb_promo@ml.ricoh.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]