PFU、業務用スキャナーの最新フラッグシップモデルを発表

ZDNET Japan Staff

2024-01-11 13:45

 PFUは1月11日、業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」の最新フラッグシップモデルとなるA3高速機「RICOH fi-8950」「RICOH fi-8930」「RICOH fi-8820」などを発表した。同日に発売し、16日に出荷を開始する。

 同製品は、金融や公共、医療、業務プロセスアウトソーシング(BPO)など大量の紙文書を電子化する業務で広く導入されている。新モデルは従来モデルに比べて処理性能の向上や軽量化を図るとともに、世界初(同社調べ)を含む多数の新機能を搭載した。

 最上位のfi-8950では、毎分150枚/300面(A4横送り、カラー、200/300dpi)の高速読み取りができ、原稿トレイに従来比1.5倍の最大750枚の原稿を一度にセットできる。世界初の新機能として、大きく傾いた原稿でも給紙ローラーが自動駆動で1枚ずつ真っすぐに整える「自動スキュー補正」と、ステープルでとじられた原稿ではとじた位置がどこにあってもセンサーが原稿の浮き上がりを正確に検知して瞬時に給紙を停止する「ステープル原稿検知」を搭載した。これにより紙詰まりや排紙のばらつきを抑えた正確性の高い原稿の読み取りができるという。

「RICOH fi-8950」
「RICOH fi-8950」

 このほかに、読み取り原稿の形状に応じて、筐体上部あるいは背面に排出できる「デュアルパス構造」を採用し、読み取った原稿を順番通りにきれい積み重ねて排出する「排紙制御」機能、4.3インチの大型カラータッチパネルを搭載している。

 主な製品ラインアップと価格は、毎分150枚/300面読み取りのfi-8950が税別143万円、毎分130枚/260面読み取りのfi-8930が同112万円、毎分120枚/240面読み取りのfi-8820が同104万円。同社はグローバルでの年間目標販売台数を4000台(うち国内600台)としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]