業務用イメージスキャナーfiシリーズ専用ソフトウェア「PaperStream Capture / Capture Pro」をリニューアル

株式会社PFU

From: PR TIMES

2024-02-29 15:17

ユーザビリティの向上で、さらに使いやすいソフトウェアへと刷新



株式会社PFU(代表取締役社長:村上 清治、以下 PFU)は、世界シェアNo.1(注1)の業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」のキャプチャリングソフトウェア「PaperStream Capture / Capture Pro」をリニューアルし、2月29日より提供を開始します。
「PaperStream Capture / Capture Pro」の特長である、スキャンしたデータの「仕分け」機能や「データ抽出」機能をどなたでも簡単にご活用いただけるよう、シンプルな画面構成や簡単操作を追求した新たな設定モード「かんたん作成」モードを搭載しました。
新たに「fiシリーズ」を導入するお客様でも、迷うことなく目的に合わせた読取設定を行うことができ、スムーズに運用を開始いただけます。
また、既存のお客様からのご意見・ご要望にお応えし、従来の設定モード(「こだわり作成」モード)においてもUIを改善。さらに、BPOなどの集中入力シーンにおけるトータルスキャン作業の効率化に有効な様々な機能強化を行います。
ソフトウェアの操作性改善・機能強化でさらに快適な使い心地へと進化した「PaperStream Capture / Capture Pro」が、より一層の業務効率化をサポートします。

開発背景
近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する社会において、新しい働き方に対応可能なビジネス環境の整備が不可欠となっており、紙文書の電子化は、環境整備の重要な基盤となっています。少ない人材で高い成果を上げる必要のある中小企業においても、業務の最適化を行うことは、欠かせない取り組みと言えます。新たに搭載された「かんたん作成」モードは、設定や導入にかかるコストを最小限に抑えることができ、IT部門のサポートなしにスキャナーによる文書管理を手軽に行うことができます。PFUは、あらゆる原稿をスピーディーに電子化する高品質・高機能な業務用イメージスキャナー「fiシリーズ」と、効率的なデータ整理を可能とする専用ソフトウェア「PaperStream Capture / Capture Pro」により、お客様の業務効率化を強力に支援してまいります。

特長
1.目的に特化したスキャナーの読取設定が迷わずできる「かんたん作成」モードを新搭載
「かんたん作成」モードでは、スキャン後のデータ活用を効率化する「画像として保存」「仕分けして保存」「データを抽出し保存」の3つの選択肢を用意。目的に合ったスキャン方法を選択すると、読取設定に必要な項目が順番に表示され、画面の表示に従って選択するだけで、迷うことなく設定することが可能になりました。
従来の設定モード(「こだわり作成」モード)は、全ての設定項目から目的に合わせて、必要な読取設定を選択していくことで、より高度に設定ができるモードです。一方で、新搭載の「かんたん作成」モードでは、スキャナー製品の知識や操作経験がない方でも、簡単に読取設定を行うことができ、導入後、すぐに使い始めることができます。
[画像1: (リンク ») ]

スキャン後のデータ整理の手間を軽減する「仕分けして保存」
例えば、バーコードを使って納品書を取引先ごとのフォルダーに分けて保存したい場合、「仕分けして保存」からジョブを作成することで、ファイルの分割や保存先を振り分けることが可能です。まとめてスキャンしたイメージデータを自動的に仕分けて保存することができ、スキャン後のデータ整理の手間を削減することができます。
[画像2: (リンク ») ]


情報の検索性を向上する「データを抽出し保存」
例えば、伝票番号や注文書番号をファイル名に設定するなど、原稿に含まれる情報を有効活用したい場合、「データを抽出し保存」からジョブを作成します。スキャンした原稿の定位置に印字されたテキストや、バーコードを認識して出力・活用することで、スキャン後のデータ検索を容易に行うことができます。
[画像3: (リンク ») ]


2.集中入力シーンにおけるトータル作業効率アップに有効な機能を追加
BPOなど集中入力現場において、大量のジョブを作成して運用している場合でも、目的のジョブを検索することができる「絞り込み機能」を新たに追加しました。その他にも、集中入力シーンにおいて読取作業のスピードアップに有効な機能強化を行い、さらに使いやすいソフトウェアへと進化しました。

詳細なアップデート内容はこちらをご参照ください。
(リンク »)

PaperStreamシリーズ
運用方法に合わせた3種類のスキャン用ソフトウェアから最適なものをお選びいただけます。

[画像4: (リンク ») ]


ソフトウェア製品

[表: (リンク ») ]

対象のソフトウェアをお使いのお客様は、「fiシリーズソフトウェアダウンロードページ( (リンク ») )」より、無料でアップデートプログラムをダウ
ンロードいただけます。

商標について
・PaperStreamは、株式会社PFUの日本における登録商標です。
・その他記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈
注1: ドキュメントスキャナーを対象とする。日本・北米はKEYPOINT INTELLIGENCE社(InfoTrends)により集計(2022年実績)。ドキュメントスキャナー集計よりMobile/Microを除く6セグメントの合計マーケットシェア(主に8ppm以上のドキュメントスキャナー全体)。欧州はinfoSource社(2022年実績)の集計に基づき、西欧地区(トルコとギリシャを含む)におけるシェア。

関連リンク
・「fiシリーズ」製品紹介サイト( (リンク ») )
・「PaperStream Capture」製品紹介サイト( (リンク ») )

お客様お問い合わせ先
株式会社PFU
イメージング サービス&サポートセンター
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]