人工知能の進化

バラクーダネットワークスジャパンは、コラム「人工知能の進化」を公開しました。

バラクーダネットワークスジャパン株式会社

2024-03-14 14:00

###

2024年2月29日、Christine Barry

人工知能(AI)の歴史は、皆さんが思っているほど浅くはありません。アラン・チューリングが1950年に発表した論文『Computing Machinery and Intelligence(計算機と知性)』では、知的マシンの作り方や、その知性をテストする方法について論じています。AI を開発するのに必要な計算能力やその他のツールが存在しなかったり、アクセスできなかったりしたため、チューリングが自分の理論を試すことはありませんでした。1956年、コンピューターのトップ研究者たちがダートマス人工知能(AI)会議に集まったとき、事態は多少進展します。ここで「人工知能」という言葉も生まれました。

熱意あふれる研究者たちは、AI の可能性を信じて会議を後にしました。国防高等研究計画局(DARPA)や全米研究評議会(NRC)といった機関が、AI の初期開発に資金を提供し始めます。そこから 20 年の間に、コンピューターは定理を証明し、方程式を解き、英語を話すことを学びます。AI の研究者たちは当初、20年以内に完全な知能を持つ機械ができると予測していました。ところが、このブームは1970年代半ばには急速にしぼんでしまいます。資金を出す側の期待に応えるような進歩が見られなかったためです。スポンサーは資金を引き揚げ、研究センターは閉鎖され、1974年になるころには AI 開発はカタツムリのようなペースに減速しました。これが、1980年まで続いた「第1次 AI の冬」の始まりです。


この続きは以下をご覧ください
(リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]