編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
AUTOMATION

業務および業務プロセスの
自動化・自律化

業務革命まったなし--労働人口減少時代にITが企業の救世主となる

RPA BPR BRMS OCR

労働人口の減少がビジネスに与えるインパクトは大きい。人口減少時代をこれからの10年のビジネス遂行を考える上で、多くの企業で人材の確保は急務となっている。一方でITを活用した解決策を模索する企業も増えてきている。
昨今、話題のRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)やAIを業務アプリに組み合わせた業務そのものの自動化や、BPM(ビジネス・プロセス・マネジメント)/BRMS(ビジネス・ルール・マネジメント・システム)などを活用した業務プロセスの自動化・最適化などだ。前者は、主に、これまで人力に頼っていたパソコン操作など単純業務や定型反復業務の作業効率を高め、単位時間あたりの生産性を向上させる点でも注目されている。またOCRや自然言語処理などに代表されるAIソリューションを組み合わせることにより、その活用範囲はさらに広がっており、生産性向上・業務改善の切り札とも言われている。一方でBPM/BRMSもビジネスプロセスの見直しをはかり自動化・最適化することで企業全体のビジネスに良い影響を与える。
本特集では、人口減少が現実のものとなった、この先の10年を勝ち抜くために、企業がいかに単位時間あたりの生産性を高め、「人+テクノロジ」による業務変革を目指していくべきかを考える。

[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2020年3月31日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]