編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

B to C

用語の解説

B to Cとは

(ビートゥーシー,B2C,)
B to Cとは、商取引の形態のひとつで、企業と一般消費者との間で取り交わされる取引のことである。
「Business to Customer」を省略した呼び名で、特に電子商取引(eコマース)の分類として用いられることが多い呼び方である。 B to Cのやり取りでは、インターネット上に通販システムを設けて物販を行うオンラインショップの形態が最も多い。 オンラインショップの中でも、実店舗を持っている店は「クリック&モルタル」と呼ばれる。 他方で完全にインターネット上の仮想店舗でのみ販売している業態は「クリック&クリック」と呼ばれる。 物品のほかにも、ソフトウェアや音楽コンテンツ、映像コンテンツといったデータのダウンロード販売や、オンラインゲーム(例えばMORPG)のようにサービスを提供している場合もある。 なお、B to Cのような電子商取引の形態としては、企業と企業との取引である「B to B」や、一般の消費者同士の取引である「C to C」、あるいは企業と提携先企業の従業員(Employee)との間で行われる取引である「B to E」などがある。 企業が政府や自治体(Government)との間で行なう「B to G」もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]