編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

BI

用語の解説

BIとは

(ビジネスインテリジェンス,)
BIとは、ビジネス用途のデータから対話形式によって重要な知識を獲得する、といった概念である。
BIは、企業内外の事実に基づいた膨大なデータについて体系的に蓄積、分類、分析、加工を行い、それによって、ビジネスにおける意思決定を迅速に行うようにするといった概念のことである。 あるいは、そのための仕組みや活動、そうした活動を支えるシステムやツールを指す場合もある。 BI(ビジネスインテリジェンス)という言葉はハワード・ドレスナー(Howard Dresner)氏によって1989年に用いられたことが最初だといわれている。 BIの概念そのものは意思決定支援システム(DSS)に似ているが、BIはDSSのように「一部の専門家」のみが用いるものではなく、より幅広いユーザーが多様な問題を手軽に解決できる柔軟なデータ分析環境であるといえる点で異なる。 BIを用いれば、専任の分析家がいなくても、エンドユーザーのレベルで簡単に分析ができるようになる。 分析手法としては、具体的には、例えば営業分析であれば「ここから半径数km以内に、競合店舗がどれだけあるか、その中で数年以上前から営業している店舗の売上傾向はどうか?」であるとか、また顧客分析では「(ある製品やサービスについて)購入した顧客の3ヶ月後の客離れ率はどうか?」「過去6ヵ月間で平均以上の購買履歴を持つ顧客のうち、最も利益をあげた顧客はどのような傾向を持つか」、あるいは製品分析では「年収800万円以上の世帯では、どのような製品の購買傾向があるか?」「利益率はよくないが引き合いの多い製品はどれか」といったものである。 これについてBIに質問を投げ、BIは返答を返す。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]