編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

BMP

用語の解説

BMPとは

(ビーエムピー,ビットマップ,)
BMPとは、Windowsにおける標準的な画像の保存形式のことである。
ビットマップ形式と呼ばれることも多い。 JPEGやPNGが圧縮保存するファイル形式であるのに対して、BMPでは基本的に無圧縮のままファイルを生成する。 そのため画質の劣化がない。 ただし無圧縮につきデータ容量が膨大になる難点もある。 あるいは、色数を削減して、圧縮した上で保存することも可能である。 白と黒のモノクロ2値から、16色、256色、1677万7216色(フルカラー)までを設定することが可能である。 BMP形式で保存されたファイルには、「.bmp」という拡張子がつく。 BMPは非圧縮形式なので高度な画像が再現できるが、印刷に適したCMYK色の発色方式には対応していないので、DTPに向いているともいえない。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]