編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Blu-ray 3D

用語の解説

Blu-ray 3Dとは

(ブルーレイスリーディー,ブリーレイ3D,)
Blu-ray 3Dとは、Blu-ray Discで3D映像を再生可能にするための映像規格の名称である。
Blu-ray Disc Associationが策定した。 Blu-ray 3D規格では、左右両目それぞれに視差を考慮した異なる映像を1080pのフルHDで表示し、立体表現を実現する。 画像コーデックの規格にはMPEG-4 AVC/H.264の拡張規格であるMVC(Multiview Video Coding)が採用されている。 また、ハードウェアの規格としては、3D再生に非対応の機器でBlu-ray 3Dのソフトウェアを再生した場合に2Dモードで再生できるようになっている。 Blu-ray 3Dの規格は、2009年12月に最終仕様がまとめられたと発表された。 ハードウェア側ではPlayStation 3をはじめとした各種機器での対応が進められており、ソフトウェア側でも米国ウォルト・ディズニー・スタジオが発売予定をいち早く発表している。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]