CG

用語の解説

CGとは

(シージー)
CGとは、コンピュータ処理を用いて生成された画像や動画像のことである。
または、そのようにコンピュータで画像を処理・生成する技術のことである。 一般には、CGと言えば3次元グラフィックス(3DCG)を指すことが多い。 座標とベクトルを計算することで位置関係を再現し、色や質感、照明やアングルといった高度な処理を行うことができる。 処理方法としては、レイトレーシングやシェーディングなどと呼ばれる技法がある。 3次元グラフィックスは、CADを利用した工業デザイン(建築物の完成図など)や物理現象のシミュレーション、オンラインでの製品展示や、ゲームの世界のような仮想世界の構築まで、様々な場面で応用されている。 2次元画像においては、座標とベクトルを用いたベクタグラフィックスによる作画や、2枚の写真画像を合成して中間状態の画像を生成するモーフィングなどがCG処理の代表的である。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]