編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IBM System z10

用語の解説

IBM System z10とは

(System z10,アイビーエムシステムズィーテン,アイビーエムシステムゼットテン,)
IBM System z10とは、IBMが2008年2月に発売した汎用コンピュータ(メインフレーム)の名称である。
IBM System z10は、クアッドコア(4コア)技術を用いて、64個のマイクロプロセッサを搭載することができる。 通常のx86サーバーのおよそ1500台分の処理性能に相当し、消費エネルギーコストや設置面積を最大8割以上削減することが可能であるとされる。 従来製品であるSystem z9と比較しても、IBM System z10は、同数のCPU構成では1.5倍、最大構成CPU構成では1.7倍の処理能力を持つといわれている。 メモリ容量は1.5TBまで搭載可能で、InfiniBand接続インターフェースにより6GB/秒のデータ転送速度を実現している。 IBM System z10は、サーバーの増大による複雑性や設置面積の問題、セキュリティ、システム管理などを解消するソリューションとして、データセンターなどでの需要が見込まれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]