編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

XLS形式

用語の解説

XLS形式とは

(エックスエルエスケイシキ,XLS,XLS format,)
XLS形式とは、Microsoftが開発している表計算ソフトであるMicrosoft Office Excelで採用されているファイル形式のことである。
拡張子には「.xls」が用いられる。 XLS形式は、Microsoft Office Excel 97以降のMicrosoft Excelで標準的に採用されている。 表やグラフを作成したり、組み込み関数を使用したり、VBAを利用してマクロと呼ばれるごく簡単なプログラムを作成したり、といった多彩な操作が可能となっている。 Microsoft Office Excelの一般普及率の高さから、XLS形式も、表計算ソフトにおける代表的なファイル形式の一つとして扱われている。 XLS形式では、テキスト情報のほかに、図形や画像などをファイル内に保存することもできる。 ちなみに、XLS形式では、ファイルをバイナリデータとして保存している。 そのため、テキストエディタなどでXLSを開こうとすると文字化けが発生してファイルが破損する。 Microsoft Office Excel 2007からは、Office Open XML(OOXML)と呼ばれる新しいファイルフォーマットに対応した。 これらのファイルには、拡張子として「.xlsx」が付けられる。 XLS形式をOffice Open XMLフォーマットに変換するためには、Microsoft Office互換機能パックをインストールして、ファイルを保存し直す必要がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]