編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

XMDF

用語の解説

XMDFとは

(エックスエムディーエフ,モバイル・ドキュメント・フォーマット,)
XMDFとは、シャープが開発した電子書籍のファイル形式である。
XMDFのファイルには、拡張子として「.zbf」が付く。 無償で配布されているXMDF専用の閲覧ソフトウェア「ブンコビューア」によって閲覧できる。 XMDFでは、コンテンツを書籍に近い文書レイアウトで表現でき、かつ、電子書籍ならではの機能が利用できる。 具体的には、テキストの横書き・縦書き、異なる文字サイズの混在、ルビ、インデントなどのようなレイアウトを再現できる。 また、画像やテキストの拡大・縮小、音声の再生、簡易的なアニメーションの再生、文書内の他の箇所へのリンクといった機能が使用できる。 レイアウトはブンコビューアが自動調整を行うため、ディスプレイのサイズに依存せず、どのような端末で閲覧しても文書レイアウトが維持できる。 ブンコビューアが提供されているプラットフォームとしては、シャープの「Zaurus」やPalm、W-ZERO3、NTTドコモの「M-stage Book」対応端末、Windows CE搭載のハンドヘルドPC、Windows搭載のPC、テレビの「AQUOS」などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]