編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Yahoo!

用語の解説

Yahoo!とは

(ヤフー)
Yahoo!とは、米国のジェリー・ヤン(Jerry Yang)とデビッド・ファイロ(David Filo)が開始したポータルサイト、あるいはそのポータルサイトを運営している企業の名称である。
Yahoo!は、1994年1月にWeb上で公開された個人的なウェブディレクトリ「Jerry's Guide to the World Wide Web」を直接の原型としている。 作成者のジェリー・ヤンとデビッド・ファイロは、当時スタンフォード大学電気工学科博士課程の学生だった。 このWebサイトは、分類と階層構造の使いやすさが評判となり、公開されるや否や人気を博することとなる。 ほどなくしてWebサイトの名称を現在の「Yahoo!」へと改称。 1995年3月には事業としての運営が開始された。 ちなみに「Yahoo!」という名前は、一般に「Yet Another Hierarchical Officious Oracle」の略称であるとされている。 創業者二人によれば、これはスウィフトの『ガリヴァー旅行記』に由来する「ならず者」(yahoo)という意味の言葉が元になっているという。 Yahoo!はWebの黎明期に検索サービスの草分け的存在として登場し、絶大な人気を得た。 創業の翌年となる1996年にはNASDAQへの株式公開も果たしている(ティッカーシンボルは「YHOO」)。 本格的な商用サービス開始から10周年を迎えた2006年現在も、Yahoo!は世界有数のアクセス数を誇る巨大なWebサイトであり続けている。 Yahoo!は、Webサイトをカテゴリー別に分類して整理する「ディレクトリ型」検索サービスとして出発した。 2000年には検索エンジンを提供しているGoogle社との提携によってロボット型検索エンジンを導入し、後に検索エンジン企業の買収と自社開発を経てYST(Yahoo! Search Technology)と呼ばれる独自の検索技術を開発している。 現在のYahoo!は検索機能だけでなく様々な機能や情報を提供しているポータルサイトとなっており、検索以外にもWebメールやネットオークション、音楽や動画の配信、ブログ、SNSなど、広範に及ぶサービス提供を行っている。 なお日本においては、孫正義が創業したソフトバンクグループによる共同出資により、日本法人「ヤフー株式会社」が1996年1月に設立された。 同年4月にYahoo!の日本語版となるWebサイト「Yahoo! Japan」が開始されている。 Yahoo! Japanもまた、世界でも有数の巨大なWebサイトとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]