編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

xDSL

用語の解説

xDSLとは

(DSL)
xDSLとは、電話線を用いて高速デジタルデータ通信を実現する技術の総称である。
xDSLの具体的な技術としては、ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)をはじめ、SDSL(Symmetric Digital Subscriber Line)、HDSL(High bitrate Digital Subscriber Line)、VDSL(Very high bitrate Digital Subscriber Line)、RADSL(Rate Adaptive Digital Subscriber Line)などの方式がある。 それぞれ、使用する電話線の本数や、上り、および下り方向の伝送に用いる周波数帯域などに違いがある。 xDSLの伝送距離は比較的短く、主に、電話局と利用者間を結ぶ回線として利用されている。 インターネットの普及に伴ってxDSLの各方式も普及し、その後、徐々に光ファイバーなどの次世代通信網に置き換わりつつある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]