編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

xICT

用語の解説

xICTとは

(エックスアイシーティー,xICTビジョン,xICT Vision,)
xICTとは、総務省の「ICT成長力懇談会」が提唱した、ICT(情報通信技術)を活用した経済的成長・改革のコンセプトである。
2008年7月の最終報告書で発表された。 xICTの主眼は、国内で整備されつつある高度なネットワーク基盤を活用し、あらゆる分野においてユビキタスネットワーク社会を実現することで、成長や進化を促すというものである。 日本の国際的競争力の低下や、地域間格差の拡大といった緊急課題を背景として、ICTを軸とした多方面でのテコ入れが必要と提唱されている。 2000年頃に提唱された「e-Japan」や、その発展形である「u-Japan」などを経て、国内ではユビキタスネットワーク社会やNGN(Next Generation Network)の実現に向けたインフラの整備が進みつつある。 報告書によれば、2010年には世界最先端のICTインフラが実現するともいわれる(完全デジタル元年)。 それを踏まえたxICTの推進は、「世の中の『原則』を変え、ICTの徹底活用を促す改革」とも表現されている。 xICTというキーワードには、「ICTを掛け算する」という意味が込められている。 例えば「産業×ICT」、「地域×ICT」など、あらゆる事柄について、ICTとの融合・深化を進めることで改革や成長を促そうというものである。 これによって、地域間の連携やコミュニティの活性化、新規事業領域の創出といった成長が期待される。 また、xICTの「x」は、XML(eXtensible Markup Language)などの例にならい「拡張性」という意味を読み取ることもできる。 ICTの発展形・汎用化といったニュアンスも含められた表現となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]