編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

システムエンジニアリングサービスとは?

ソフトウェア開発や保守、運用などシステム全般について、業務運営に必要となるエンジニアを要求される期間に応じて提供するサービス。

関連記事

  • 常駐エンジニアのスキル向上と各社取り組み--SES分科会

    常駐エンジニアのスキル向上と各社取り組み--SES分科会

    2021年3月に開催した第84回の「システムエンジニアリングサービス(SES)分科会」では、「常駐エンジニアのスキル向上施策に関する各社の取り組み」をテーマとし、未経験者の育成過程における工夫や、現場のエンジニアから管理者や上位層にステップアップさせるための取り組みなど、各社の状況を意見交換しました。

    2021-04-12 07:00

  • エンジニアのスキルシートと活用方法について--SES分科会

    エンジニアのスキルシートと活用方法について--SES分科会

    2021年1月に開催した第83回の「システムエンジニアリングサービス(SES)分科会」では、第1部は「スキルシート作成講座」を、第2部は「エンジニアのスキルシート活用について」をテーマに議論しました。今回は第2部の様子をレポートします。

    2021-02-19 07:00

  • エンジニアの評価制度と取り組みについて--SES分科会

    エンジニアの評価制度と取り組みについて--SES分科会

    2020年1月に開催した第76回の「システムエンジニアリングサービス(SES)分科会」では、第1部は「エンジニアが集まる愛ある採用のススメ」を、第2部は「エンジニアの評価制度と取り組みについて」をテーマに議論しました。今回は第2部の様子をレポートします。

    2020-02-27 07:00

  • 稼働中エンジニアの条件交渉の進め方と注意点--SES分科会

    稼働中エンジニアの条件交渉の進め方と注意点--SES分科会

    今回の分科会(勉強会)は、「稼働中エンジニアの条件交渉の進め方と注意点」について取り上げます。SES企業はクライアント企業との交渉でできるだけ良い条件を引き出さなければなりません。そうしなければ派遣されるエンジニアは報われません。実際、多くの分科会メンバーが頭を悩ませているのが現状です。

    2019-10-31 07:00

  • 常駐先社員も巻き込んで社内活性化を促進するには--SES分科会

    常駐先社員も巻き込んで社内活性化を促進するには--SES分科会

    今回の分科会(勉強会)は、「社内活性化」をテーマに議論しました。普段はクライアント(常駐)先で業務を行うエンジニアが多い業界のため、各社さまざまな取り組みを行っています。自社で活用できる施策もあるのではないでしょうか。

    2019-06-20 07:00

  • エンジニア常駐先との初顔合わせで注意すべき点--SES分科会

    エンジニア常駐先との初顔合わせで注意すべき点--SES分科会

    常駐先の企業担当者と派遣側のエンジニアが初めて打ち合わせをする際には、営業担当者が付き添うケースがほとんどです。今回は、そのときの注意点についてまとめました。

    2019-02-26 07:15

  • 技術者の労務管理と営業担当者の時間管理--SES分科会

    技術者の労務管理と営業担当者の時間管理--SES分科会

    昨今では働き方改革や残業規制、メンタルヘルスなどの話題が世間で取り上げられることが多く、システムエンジニアリングサービス(SES)業界でも同じように注目されています。そのような背景から、「技術者の労務管理」と「営業担当者の時間管理」について議論しました。

    2018-11-08 07:00

  • SES業界でトレンドのプログラミング言語は?

    SES業界でトレンドのプログラミング言語は?

    今回は「SES業界でトレンドのプログラミング言語は?」と「派遣法改正をみんなで学ぼう」というテーマで議論しました。

    2018-10-24 07:00

  • パートナー企業のエンジニア単価が決まる仕組みとは

    パートナー企業のエンジニア単価が決まる仕組みとは

    今回は「営業としてのスキルアップ、キャリアアップ、自分磨きのために」と「パートナー企業のエンジニア単価が決まる仕組みとは」というテーマで議論しました。

    2018-09-13 07:15

  • エンジニア常駐先の決定方法を考える--システムエンジニアリングサービス分科会

    エンジニア常駐先の決定方法を考える--システムエンジニアリングサービス分科会

    今回は「パートナー企業との対応方法(エンジニア確保のために)」と「技術者アサイン(常駐)先の決定方法」というテーマで議論しました。

    2018-08-10 07:30

キーワードアクセスランキング

  • IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)
  • アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)
  • コンピュータ上で基本的な機能を担うソフトウェアのこと。CPU、メモリ、入出力装置の管理などを行う中核部分を「カーネル」と呼び、OS上で動作す...(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語。プロジェクトの成功に(あるいは成功確率を上げるために)必要な外部環境や、起こるべきイベントが存在する場合がある。そのイ...(続きを読む)
  • 従業員が雇用主の提供するストックオプションや積立金の権利を得ること。この権利は通常、事前に決めた時が来て全額に達するまで、時と共に価値が高ま...(続きを読む)
  • データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータベース管理システム。通常コンピュータではディ...(続きを読む)
  • 開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)
  • データを一元的に格納する領域。...(続きを読む)
  • IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

話題のキーワードと記事

  • インターネットを介して顧客関係管理(CRM)ソフトウェアを提供していることで知られているオンライン続きを読む >
  • ソフトウェア定義型ストレージのこと。ブロックストレージ、オブジェクトストレージなどに分けられる。 続きを読む >
  • サービスを購入したユーザーであれば誰に対してでも、インターネットを通じたサービスの提供を行うクラ... 続きを読む >
  • プロトコルやAPI、データ構造(スキーマ)、サービスモデルが標準化されていないがために特定のベンダー... 続きを読む >
  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これ... 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]