運営委員会とは?

プロジェクト管理用語。全体の戦略的方向性に関する指針を提示する義務を負う、ハイレベルの利害関係者のグループ。スポンサーではないが、戦略的な情報や支持を、組織の大部分に広めるのを支援する。プロジェクトが複数の組織に影響を与える場合に特に価値がある。これは、運営委員会がそれらの組織からの情報を、プロジェクトに影響を与える判断に組み込むことができるからだ。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 ブロックチェーン

     ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された...(続きを読む)

  5. 5 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  6. 6 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  7. 7 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  8. 8 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  9. 9 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  10. 10 シャドーIT

    従業員の私物デバイスを業務でも利用するトレンドを「BYOD(Bring Your Own Device)」という。リサーチ会社のIDCはBY...(続きを読む)

注目のキーワード

オムニチャネル
店舗とオンラインストアなど、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合することを指す。このほかにも...
続きを読む
2要素認証
2つの方法を併用し、セキュリティの強度を高めたユーザー認証方式のこと。

ハッキングや情...
続きを読む
要求事項
プロジェクト管理用語として使用する場合、製品またはサービスが満たすべき動作、外見、性能を説明した...
続きを読む
McAfee FOCUS USA 2014
2014年10月に開催されたMcAfeeの年次カンファレンス。Intel傘下となったことから、McAfeeの製品ラインと...
続きを読む
機密保持契約(Non-Disclosure Agreement:NDA
企業秘密など、慎重に扱うべき情報や機密性の高い情報を守るために結ぶ2者間での契約。
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR