AWS re:Inventとは?

Amazon Web Servicesの年次イベント。2016年は11月最終週から12月第一週にかけてラスベガスで開催した。ストレージサービスであるS3上でSQLで直接データを分析できるサービス「Athena」など多数の新製品、サービスが登場。初日の基調講演では、巨大トラックが登場するなど3万4000人という多数の参加者を迎え演出もスケールの大きなものだった。 2015年は米ラスベガスで開催、新たにクラウドBIサービス「Amazon QuickSight」、Internet of Things基盤「AWS IoT」を発表した。2014年の同イベントで発表したリレーショナルデータベース「Amazon Aurora」を改めてアピールし、ユーザーの要望が多いデータ移行にかかわるサービスを発表するなど、基幹システムのクラウド移行への動きに合わせた施策を明らかにした。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  4. 4 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  5. 5 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  6. 6 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  7. 7 Sapphire Now

    SAPユーザー向け年次イベント。2016年5月に米フロリダ州オーランドで開催した「Sapphire Now 2016」ではMicrosoft...(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトの年次開発者向けカンファレンス。3回目として、2016年5月24日と25日の2日間にわたり開催された「de:code 20...(続きを読む)

  9. 9 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  10. 10 Gartner Symposium

    IT調査会社のガートナージャパンが開催するイベント。CIOをはじめとする ITリーダーが一堂に会する世界で最も重要なITイベントと同社は説明...(続きを読む)

注目のキーワード

スコープ
プロジェクト管理用語。プロジェクトの境界を記述する方法であり、プロジェクトが何を成果とし、何を提...
続きを読む
RTB(Real Time Bidding)
広告1表示ごとに、リアルタイムのオークション方式で広告表示する方式。広告主や広告会社から入札された...
続きを読む
BtoC(Business to Consumer)
ビジネス対コンシューマー。企業向けの製品やサービスを提供する事業であるBtoBに対し、直接個人客に向...
続きを読む
成長ステージ
スタートアップ企業の成長の段階を示す。企業がどのステージにいるかを定義する明確なルールはないが、...
続きを読む
Tech Summit
Tech Summitは日本マイクロソフトが開催した企業のIT導入・運用に関わる技術者および意思決定者向けのカ...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR