CES Asiaとは?

米国で開催されるテクノロジショーCES(Consumer Electric Show)のアジア版として、中国・上海で開催されるイベント。2017年は3回目となり、人工知能や自動運転車などがテーマとなった。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  4. 4 Gartner Symposium

    IT調査会社のガートナージャパンが開催するイベント。CIOをはじめとする ITリーダーが一堂に会する世界で最も重要なITイベントと同社は説明...(続きを読む)

  5. 5 企業買収

    ある企業が他社の株を支配的な保有数まで買い占めること。(合意による)友好的な場合もあれば、(合意を伴わない)敵対的な場合もある。...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  8. 8 ディスラプティブ技術

    製品やサービスが予期しない方法で改善されることで、ものごとを成し遂げる方法と市場の双方に変革がもたらされるというイノベーションを表すビジネス...(続きを読む)

  9. 9 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  10. 10 Microsoft Inspire

    米Microsoftがパートナー向けに展開するイベントで、2017年は米国ワシントンD.C.で開催した。2016年までは「Micros...(続きを読む)

注目のキーワード

仮想アプライアンス
仮想化用語。何らかのアプリケーション(たいていの場合は特定の単一アプリケーション)をホストするう...
続きを読む
OpenStack

 物理サーバを仮想化技術によって複数の仮想マシンに分けることで、クラウド環境を構築するためのオ...

続きを読む
BtoB(Business to Business)
ビジネス対ビジネス。つまり、企業向けの製品やサービスを提供する事業のこと。BtoBテクノロジという言...
続きを読む
社内クラウド
プライベートクラウドの一種であり、IT部門が自社組織のためにサービスを提供するというもの。
続きを読む
ベアメタル型ハイパーバイザ
サーバ仮想化の手法の1つ。ホストOSを別途必要とせず、ハードウェア上で直接稼働する仮想化プラットフォ...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]