編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

NoSQLとは?

NoSQL(Not Only SQL)とは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)ではないデータベース(DB)を指す分類用語である。リレーショナルデータベースが属する関係モデル以外に属するデータベースの展開、発展する運動という意味もある。

並列処理を行うことでパフォーマンスを向上させやすく、サーバの数を増やしていて処理性能の向上ができるスケールアウトがしやすい。また、RDBMSと比べインデックスを作成するコストが低いため、ビッグデータ解析などの分野で利用されることが多い。

NoSQL DBの特徴はデータストア(データを決められた形式で蓄積するソフトウェア)にある。具体的には、(1)データベース構造(スキーマ)が固定されずしばられないこと、(2)関係モデルで利用される各項目の結合操作を用いないこと、(3)クラスタ化や分散システム化で論理単位を追加するスケールアウトが容易であること(4)トランザクションを利用できないことが多いことなどがある。

NoSQL系データベース管理システムが有用なのは、関係モデルが必要ない非構造化データなど、大量のデータの利用時である。用途として例えば数百万のキーバリュー形式のデータを格納したり、キーとキー自身に対応した値の対が集まったデータ構造である「連想配列」を複数格納する場合や、大量の構造型データを格納することなどがある。

非構造化データを含む大規模データ解析や、増えつづける情報を即時に解析する必要がある際に使われることが多い。

NoSQLにはキーバリュー型、カラム指向型、ドキュメント指向型、グラフ型などがある。

キーバリュー型は、キーに対してバリュー(値)をあてがうという単純な構造である。AWSではAmazon DynamoDBなどにも使われている。大半は単純なバイナリデータ(BLOB)のみが格納可能である。一部リスト、マップ、ソート済みセットなどリッチなデータをサポートするものもある。

カラム指向型は、行キーに対してカラム(名前と値の組み合わせ)の集合を持つ。行ごとに好きな名前のカラムを好きな数だけ格納できる。カラムはカラム名によってソートされるため、例えばカラム名に時刻を使うことで1行の中に時系列のデータを格納することができる。

ドキュメント指向型は、RDBのように固定されたデータ設計(スキーマ)が不要であることから「スキーマレス」と言われ、データ構造が柔軟なものである。データベースとアプリケーションから、ドキュメントのいくつかの内部構造が分かるようになっている。MongoDB、Apache CouchDBなどがある。ニュースサイトやブログなどの記事を表現するのに適していると言われる。

関連記事

キーワードアクセスランキング

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]