NoSQLとは?

NoSQL(Not Only SQL)とは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)ではないデータベース(DB)を指す分類用語である。リレーショナルデータベースが属する関係モデル以外に属するデータベースの展開、発展する運動という意味もある。

並列処理を行うことでパフォーマンスを向上させやすく、サーバの数を増やしていて処理性能の向上ができるスケールアウトがしやすい。また、RDBMSと比べインデックスを作成するコストが低いため、ビッグデータ解析などの分野で利用されることが多い。

NoSQL DBの特徴はデータストア(データを決められた形式で蓄積するソフトウェア)にある。具体的には、(1)データベース構造(スキーマ)が固定されずしばられないこと、(2)関係モデルで利用される各項目の結合操作を用いないこと、(3)クラスタ化や分散システム化で論理単位を追加するスケールアウトが容易であること(4)トランザクションを利用できないことが多いことなどがある。

NoSQL系データベース管理システムが有用なのは、関係モデルが必要ない非構造化データなど、大量のデータの利用時である。用途として例えば数百万のキーバリュー形式のデータを格納したり、キーとキー自身に対応した値の対が集まったデータ構造である「連想配列」を複数格納する場合や、大量の構造型データを格納することなどがある。

非構造化データを含む大規模データ解析や、増えつづける情報を即時に解析する必要がある際に使われることが多い。

NoSQLにはキーバリュー型、カラム指向型、ドキュメント指向型、グラフ型などがある。

キーバリュー型は、キーに対してバリュー(値)をあてがうという単純な構造である。AWSではAmazon DynamoDBなどにも使われている。大半は単純なバイナリデータ(BLOB)のみが格納可能である。一部リスト、マップ、ソート済みセットなどリッチなデータをサポートするものもある。

カラム指向型は、行キーに対してカラム(名前と値の組み合わせ)の集合を持つ。行ごとに好きな名前のカラムを好きな数だけ格納できる。カラムはカラム名によってソートされるため、例えばカラム名に時刻を使うことで1行の中に時系列のデータを格納することができる。

ドキュメント指向型は、RDBのように固定されたデータ設計(スキーマ)が不要であることから「スキーマレス」と言われ、データ構造が柔軟なものである。データベースとアプリケーションから、ドキュメントのいくつかの内部構造が分かるようになっている。MongoDB、Apache CouchDBなどがある。ニュースサイトやブログなどの記事を表現するのに適していると言われる。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 GDPR

    EU一般データ保護規則のこと。EU加盟国に適用されてきた「データ保護指令」に替わり、新たに採択されたもの。適用が開始される2018年5月には...(続きを読む)

  4. 4 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  5. 5 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  8. 8 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  9. 9 バーティカルクラウド

    医療業界や金融業界といった特定業界における利用に特化したクラウドコンピューティング環境のこと。...(続きを読む)

  10. 10 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

注目のキーワード

ウォータフォール方式
システムの開発手順を示すモデルの1種。直線的なフェーズを持つ予測しやすいライフサイクルモデルで、分...
続きを読む
サイバー攻撃
社会インフラとして存在感を示すIT。日本政府が「国民生活及び社会活動に不可欠なサービスを提供してい...
続きを読む
ブロックチェーン

 ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、...

続きを読む
IoT
Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは...
続きを読む
Symantec in Sydney
米Symantecは2014年12月2日から2日間、アジア太平洋地域のメディアを対象にしたサイバー攻撃に関する勉...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR