Syntheticデバイスとは?

MicrosoftのHyper-Vで導入された概念。これにより、エミュレーションよりもデバイスのオーバーヘッドを低減させられるようになる。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  2. 2 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  3. 3 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  4. 4 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  5. 5 Sapphire Now

    SAPユーザー向け年次イベント。2017年は米フロリダ州オーランドで開催された「Sapphire Now 2017」において、SAPが企業の...(続きを読む)

  6. 6 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  7. 7 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトが開催する開発者向けの年次カンファレンス。4回目となる2017年は、5月23~24日の2日間にわたり開催され、AIやIoT...(続きを読む)

  9. 9 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  10. 10 企業買収

    ある企業が他社の株を支配的な保有数まで買い占めること。(合意による)友好的な場合もあれば、(合意を伴わない)敵対的な場合もある。...(続きを読む)

注目のキーワード

Symantec in Sydney
米Symantecは2014年12月2日から2日間、アジア太平洋地域のメディアを対象にしたサイバー攻撃に関する勉...
続きを読む
IPv6(Internet Protocol Version 6)
インターネットの通信規約(プロトコル)の1つ。現在主流となっているIPv4に代わるものとして、インター...
続きを読む
スポンサー(エグゼクティブスポンサーとプロジェクトスポンサー)
プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトに対する最終的な権限を持つ人物を指す。エグゼ...
続きを読む
データウェアハウス(DWH)
企業活動により複数の基幹系業務システムに蓄積された大量のデータを集約し、保存するデータベースある...
続きを読む
クラウドポータビリティ
アプリケーションやデータを、あるクラウドプロバイダーから他のクラウドプロバイダーにどの程度容易に...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR