数学的アプローチがビジネスの課題を解く--ビッグデータ時代こそ「最適化」アプローチで意思決定を迅速化

ZDNet Japan Ad Special 2013年01月16日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[PR]ビッグデータがこれだけ注目されるのは、データを分析、活用することの価値が広く理解されているからだ。本稿で紹介する「FICO Xpress Optimization Suite」は、ビジネス上の複雑かつ大量の意思決定を支援するツールだ。

 データを分析、最適化し将来を予測することは、意思決定の迅速化や、業務効率の向上には欠かせない。 サプライチェーン計画やポートフォリオ管理、装置産業での精製プロセス計画、さらにはEコマースに至るまで、ビジネス上の様々な問題を解くために活用されている、数学的・統計的モデルやアルゴリズムを利用した、合理的な手法をご存知だろうか。

 今日のようにデータ分析・活用が取りざたされる以前の1900年代半ばから研究が進められてきた「オペレーションズリサーチ」や「線形計画法」は、その代表的なアプローチだ。これを企業経営におけるデータ分析、最適化に活用し、多くの企業が売上拡大やコスト削減などを実現しているのだ。一部をまとめると、例えば下記のような課題だ。

  • 小売業における効果的なフロアのスペースの管理
  • 製造業における生産スケジュールの最適化
  • マーケティング部門における適切な商品提供
  • 人事部門における公正なスタッフスケジュール
  • 輸送部門における最小コストでの信頼できる配送確保
  • 財務部門における適切な資産運用

 「FICO Xpress Optimization Suite」は、こうしたオペレーションズリサーチの技法を用いて、ビジネス上の複雑な意思決定を支援するツールだ。FICOは1956年に創業し、80カ国にユーザーを持つ。予測分析手法やビジネスルール管理および最適化といった高度な意思決定管理のための技術を提供しており、中でも「FICO Xpress Optimization Suite」は、数理計画・最適化ソフトウェアの分野における“世界標準”ともいえる製品で、アメリカン航空をはじめとした大手企業での採用実績も数多くある。JALやANAも提携する海外レンタカー大手Avis社では、保有車両の活用率向上により、1,900万ドルの利益を獲得したという。

参考ホワイトペーパー

 ここで、「FICO Xpress Optimization Suite」の機能の概要を紹介しておこう。

大規模な最適化に対応する独自の機能を装備

 最適化とモデリングのために完全な64ビットサポートを提供することで、係数の数が20億を超える超大規模モデルの解決を可能にしている。異機種マシン間にまたがってマスターモデルからコントロールできるようになったモデルの分散実行を活用することで、ソリューション時間を劇的に短縮する。

最適化モデルの展開を加速

 あらゆる業界で最適化を必要とするオペレーションズリサーチやその他の機能に対応するため、モデリング/プログラミング言語を装備。ビジュアルな開発環境では、データの事前/事後処理、最適化ソリューションの作成と分析、ランタイムライブラリの実装、グラフィカルユーザーインターフェースの作成に対応するツールと、迅速なプロトタイピングを通じて開発者の生産性を高める。

高速最適化エンジンをフルパッケージで搭載

 完全に並列化された内部アルゴリズムを標準で搭載。マルチコアCPUアーキテクチャの利点を活かすことにより数百万の変数を従来比 60%アップのスピードで処理する。また、より高レベルの問題再フォーミュラの自動化に加え、二次制約付き二次プログラミングに対応するため劇的に強化 したソルバーを備えるとともに、線形、非線形、凸非線形、混合整数、および確率的最適化を処理可能。


最新バージョンでは、線形プログラミングのパフォーマンスがさらに向上。並行処理による高速化も実現。

 「FICO Xpress Optimization Suite」は、膨大なデータを活用し高速な最適化を実現したい、線形計画法などの手法を導入したい、などのテーマを抱えているIT企画に関わる担当者にとって、有用な製品のひとつと言えるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]