販売管理業務をWebで提供、業務に合ったシステムを短期間・低コストで構築

ZDNet Japan Ad Special

2010-10-20 11:00

[PR]パッケージ型販売管理システム「Hi-CoreSales AD」は、豊富な販売管理システム構築事例をもとに、販売管理機能のベストプラクティスをパッケージング。パッケージに合わせて業務の改善・標準化を行いたいお客さま向けに、受注・発注・売上・請求・入金・仕入・在庫(与信などの債権・債務を含む)まで、販売管理に関する業務を完全Web版にて実現。短期間・低コストでお客さま特有の個別要件にフィットしたシステムを提供可能だ。

いまだに残る業務管理の非効率が経営を圧迫

 中堅・中小企業が厳しい経済環境を生き残るうえで、販売管理といった業務管理の効率化や低コスト化は、避けて通れることのできない経営課題だ。だが、いまだにクライアントが専用端末ベースで運用の自由度が低かったり、拠点間のネットワークが不十分でリアルタイムのデータ共有が制限されるなどの問題は、多くの企業で残っている。それだけに、経営効率の向上に直結する販売管理システムが存在するのであれば、その導入は積極的に検討したいところだ。

 日立電子サービスの「Hi-CoreSales AD 」従来の非効率を大幅に改善可能なパッケージ型販売管理システムだ。
 受注・発注・売上・請求・入金・仕入・在庫(与信などの債権・債務を含む)まで、販売管理機能のベストプラクティスをパッケージングできるため、自社に最適なシステムを効率的に構築し、業務の改善・標準化を行うことができる。またフレームワークから自社開発していることで、アドオン・カスタマイズにも柔軟に対応できるため、稼働後の機能追加にも対応が可能だ。

効率的な販売管理システムに必要な要素とは

 ネットワークを介して、全国の支店や営業所、倉庫など、地域や部門を越えての利用も可能である。導入時においても、クライアントソフトの配布などの煩雑な管理作業を大幅に効率化することができる。また意外に気づきにくいが、マウスを使わなくてもフルキーボードだけで高速に入力動作が行えることも、現場レベルでは大きな効力を発揮する。
さらにIFRS(国際会計基準)の売上計上基準にも標準対応している事も重要な要素だ。

商品・在庫管理面でも、適正在庫管理や発注点を下回る商品のアラームなど、きめ細かいオペレーションが可能だ。販売単価、得意先別契約単価、期間限定単価など複数の単価設定にも対応する。短期間・低コストで特有の個別要件にフィットしたシステムを構築したい場合など、有望な選択肢として検討してみたい。

詳細については、同社のホワイトペーパーをご参考としていただきたい。

詳しい内容はホワイトペーパーで!

販売管理を短期間・低コストで構築:自社に最適な形で、未だ残る非効率を一掃!

受注・発注・売上・請求・入金・仕入・在庫(与信などの債権・債務を含む)までをカバーした販売管理システム「Hi-CoreSalesAD」は自社に最適なシステムを効率的に構築可能だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]