編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

不安をどう解決するか?--安心・安価に最新OSSフレームワークを採用する

ZDNet Japan Ad Special

2009-01-14 13:55

開発工数の削減と生産性の向上を目的に,システム開発へのOSSフレームワークを採用する開発現場が増えている。しかし実際には、OSSであるということから、さまざまな問題を抱えていることもまた事実である。

OSSフレームワーク採用には不安も

日本ユニシス株式会社
総合技術研究所 OSSセンター
利用技術二室 グループマネージャー
森川 憲一氏

 コストを抑えて品質を落とさずに納期に間に合わせたい――。こうした課題が、従来にも増して短納期での対応を迫られるシステム開発の現場に対して、より強いプレッシャーとなっている。

 品質・コスト・納期、これらQCDの問題を解決するために、オープンソースソフトウェア(OSS)のフレームワークを採用する開発現場が増えている。OSSフレームワークを採用することで、最新の技術を安価に活用することができるメリットがある反面、採用に不安を持ってしまうデメリットも持ち合わせているのが今の実情である。

まず最初に、OSSフレームワークは同じカテゴリに対して、その数が多すぎることから、どれとどれを組み合わせればよいのか分からないという取捨選択の悩みを抱えることになってしまう。次に、企業の情報システムで必要とされる共通機能が少ないという課題がある。OSS個々に提供される機能範囲が局所的であり、システム要件全体をサポートするには不十分なところもある。最後にもっとも重要な点であるが、技術面での問い合わせやサポートの窓口が不明瞭という点が挙げられる。トラブルが発生した時に、責任をもって対処してくれなければ、安心して利用できない。また、バグの迅速な修正というのも難しいというのが実情だ。

日本ユニシス株式会社
総合技術研究所 OSSセンター
利用技術二室
山口 周志氏

こうしたデメリットを抱えたままでは、スピード感ある開発はできないし、生産性を高く維持することもできないだろう。

 これらの問題を解決する際の選択肢の一つとして検討に値するのが、日本ユニシスが提供するOSSフレームワーク「Maia™」になる。同社総合技術研究所OSSセンターの森川憲一氏がこう語る。

 「Maiaは、検証済みOSSフレームワークをベースに構成されています。また、共通機能を独自に実装、さらにはサポート体制を整備していることで、OSSフレームワークを採用する際の不安を打ち消すことができます」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]