アルカテル、ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティSTOXXインデックスに記載 ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・ワールド・インデックスにも2年連続で記載

日本アルカテル株式会社 2006年09月14日

 (9月6日、パリ発) 通信システム・機器メーカー世界大手のアルカテル(本社:フランス、会長兼CEO:セルジュ・チュルク)は9月6日、二年連続で「ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・ワールド・インデックス」(Dow Jones Sustainability World Index:DJSI)の対象銘柄に採用されたことを発表しました。
 また、CSR(企業の社会的責任)活動に関して優秀な実績を上げているヨーロッパおよびユーロ圏の企業を集めた「ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティSTOXXインデックス」(Dow Jones Sustainability STOXX Index)にも初めて記載されました。「通信技術」業界で「ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティSTOXXインデックス」に選ばれているのは、アルカテルのみです。

 これらのインデックスに採用されたことは、アルカテルが持続可能な発展に関して大きな進歩を遂げていることを意味しています。アルカテルは、CSRに関して、世界の大手通信機器メーカーの中で「業界トップ」の地位に達しました。

 アルカテルは、労働慣行、サプライチェーン基準、コーポレート・ガバナンス、環境マネージメント、デジタル化の度合い、ステークホルダーとの対話、コーポレート・シティズンシップに関して査定されました。

 アルカテルは、環境管理と仕入れ先に対する倫理基準および社会規範の遵守について、「通信技術」分野の企業の中で最高格付けを取得しました。

 この肯定的な結果は、過去4年間に渡りアルカテルがこれら全ての分野において取り組みを強化してきたことによるものです。


<ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・ワールド・インデックスについて>
 ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)は、ダウ・ジョーンズ・ワールド・インデックスの大手企業2,500 社の中から、サステイナビリティに優れた上位10%にあたる300社以上で構成されています。

<ダウ・ジョーンズ・サステイナビリティSTOXXインデックスについて>
 ダウ・ジョーンズSTOXXサステイナビリティ・インデックス(DJSI STOXX)およびダウ・ジョーンズ・ユーロSTOXXサステイナビリティ・インデックス(DJSI EURO STOXX)は、ヨーロッパおよびユーロ圏のサステイナビリティに優れた大手企業で構成されています。

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・機器メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザー視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は131億3,500万ユーロ(約1兆8,500億円)(2005年度)。URL: (リンク »)

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:西山直人/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)


  ……………………………………………………………………
            本件に関するお問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ……………………………………………………………………

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!