マイクロソフトとターボリナックス、 相互運用性の向上と知的財産の保証を含む包括的な協業契約を締結

TLホールディングス株式会社 2007年10月23日

マイクロソフト コーポレーション(Microsoft Corporation、本社:米国ワシントン州レドモンド、以下マイクロソフト)とターボリナックス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野広一、以下ターボリナックス)は米国時間10月22日、LinuxとWindows(R)サーバー間の相互運用性の向上、研究・開発分野における連携、およびターボリナックス製品のユーザーに対するマイクロソフトが持つ知的財産の保証に関する包括的な協業契約を発表いたしました。

今回の協業は主に「相互運用性の向上」「研究開発分野における連携」「知的財産の保証」「デスクトップ分野における協調の拡大」の4項目であり、概要は以下の通りです。

■ 相互運用性の向上
- WindowsとLinuxの両方のシステムに1つの証明書でログインできるシングルサインオン・ソリューションの開発
- ターボリナックスによるWorkgroup Server Protocol Program (WSPP)評価ライセンス契約の締結

■ 研究・開発分野における連携
- マイクロソフトが中国に保有する研究機関における両社のソフトウェア・テストおよび顧客やパートナー向けのソリューション展示
- マイクロソフト製品との相互運用性向上のためのソフトウェア/ハードウェア・ベンダーによるコミュニティ「インターオペラビリティ・ベンダーアライアンス(IVA)」への参加

■ 知的財産の保証
- ターボリナックスが提供するサーバー製品の購入者に対するマイクロソフトが持つ知的財産の保証

■ デスクトップ分野における協調の拡大
- Open XML-ODFファイルフォーマット変換ツール開発プロジェクトでの協力やWindows Media(R)コンテンツ再生ソフトのターボリナックス製品への収録に続き、インターネット検索サービス Live(TM) Searchのターボリナックス製品への標準搭載

今回の提携はシングルサインオンの連携ソリューションを両社の顧客に提供することを特徴としています。調査によると、ヘルプデスクにかかる問い合わせのうち5回に1回がリセットを含むネットワークパスワード関連であることから、WindowsとLinuxの両方のシステムに1つの証明書でログインできるシングルサインオン・ソリューションを開発することにより、システムの利用効率をアップしヘルプデスクにかかるコストや社内的なITコストを削減できることが見込まれます。

マイクロソフトの知的財産担当ゼネラルマネージャーであるデビッド・ケーファーは、「今回の提携はビジネス及び技術の両面において顧客の利益となるものです。協業をとおして、マイクロソフトとターボリナックスは、シングルサインオン・ソリューションなど、両社の顧客にとって真の価値あるソリューションの提供のために連携体制を強化していきます。ターボリナックスは現在マイクロソフトの優先的なLinuxパートナー企業の1つであり、オープンソースと商用テクノロジー間を結ぶ協業を更に進めていくことを大変嬉しく思います。」とコメントしています。

ターボリナックスの代表取締役社長である矢野広一は、「マイクロソフトと協業することで、WindowsとLinuxが混在する環境におけるコストおよび複雑性の低減のために多くの事業を行うことが可能となり、今回の協業により当社が市場において非常に有利なポジションとなると確信しています。事業を成功させるためには、混在環境の中でユーザーのプライオリティに合うソリューションを設計するためのビジョンと知的財産をシェアするための仕組みを必要とします。マイクロソフトのユーザーが新たにLinuxを評価する際、Turbolinux製品が現在利用しているマイクロソフト製品と組み合わせて最適なLinuxディストリビューションとなるよう望んでいます。」とコメントしています。

今回の契約により、ターボリナックスはアジアにおいて初めてマイクロソフトと包括的な協業を行うLinux/OSSプロバイダーとなります。


※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。ターボリナックスおよびTurbolinuxは、ターボリナックス株式会社の商標または登録商標です。その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。
※Microsoft、Windows、Windows Media、Windows Liveは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Windows の正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?