住友電工システムソリューションとシステムコーディネイトが、「IT資産/セキュリティ管理アプライアンス」の共同開発・販売で合意

住友電気工業株式会社 2007年10月23日

 住友電工システムソリューション株式会社(本社:東京都文京区、社長:内田 恒裕 以下、住友電工システムソリューション)と株式会社システムコーディネイト(本社:東京都豊島区、社長:根本 健時 以下、システムコーディネイト)は、小中規模ユーザ向けのIT資産/セキュリティ管理システム『IT資産/セキュリティ管理アプライアンス』を共同で開発、販売することで合意しました。

 IT資産/セキュリティ管理システムは、ネットワークに接続されているパソコンやネットワークを一元管理し、資産管理からセキュリティ管理、ネットワーク管理までを統合的にサポートするシステムで、個人情報保護法、日本版SOX法などのコンプライアンスへの対策として、必要性・重要性が増大しています。
 しかし、専任のIT部門が設置できずに、兼任の担当者がIT資産管理を行っている企業も多く、また専任・兼任に関わらず、担当者はパッチの適用やアプリケーションのインストールといった多くの作業に工数を割かれ、ITによる経営戦略の策定などの本来の業務を犠牲にしているケースも少なくありません。こうした状況を改善する為に、専門的な知識がなくても導入や運用が容易に行える、利便性の高いIT資産/セキュリティ管理システムが求められています。
 既に、住友電工システムソリューションは、中堅・大企業向けへのIT資産/セキュリティ管理システム「ManagementCore IT資産管理システム」の開発実績があり、多くの企業で活用されています。一方、システムコーディネイトは、従来から中小・中堅企業向けのシステム開発を事業の主力としています。
 今回、両社は小中規模ユーザ向けIT資産/セキュリティ管理システムの事業拡大を目指し、『IT資産/セキュリティ管理アプライアンス』を共同で開発し、販売に取り組むことで合意しました。

『IT資産/セキュリティ管理アプライアンス』の主な特徴は以下の通りです。
(1)高度なIT知識は一切不要です。設定から運用まで容易に行うことができ、IT担当者の負担を軽減します。
(2)強力な診断機能と分かり易いGUI(グラフィカルユーザインターフェース)によりセキュリティ状態が一目で分かります。
(3)IT資産管理からセキュリティ対策までの統合管理をシームレスに実現します。

搭載機能(予定):インベントリ管理、パッチ管理、ソフトウェア配布、ライセンス管理、PC操作ログ管理、外部デバイス制御、不正接続検出、IPアドレス管理、セキュリティ診断、統計レポート

 本製品は、2007年12月末出荷開始予定で、初年度100社への販売を見込んでいます。また、パソコン100台を管理するシステムの標準価格は、200万円を予定しています(ハードウェア費用を含む)。
 なお、本共同開発における試作品を、「Security Solution 2007」(東京ビックサイト、10月24日~26日)の住友電工システムソリューションブースにて展示します。

・ManagementCoreは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
・上記価格、出荷開始時期については予告なく変更する場合があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!