編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速

NO BUDGET

2018-02-16 12:24

 住友電気工業とNECは2月9日、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を活用したモビリティ事業で協業したと発表した。2017年12月から両社で取り組みを開始している。第1弾として、自動車の車内外を通信網でつなぐコネクテッド製品・サービスの企画と開発を進める。

 住友電工は自動車内で利用される車載部品や、交通インフラを支える交通管制システムなど、モビリティ分野に関するさまざまな製品・技術を保有する。一方、NECは社会ソリューション事業に注力しており、AI技術やクラウド基盤などのITインフラを提供している。

 両社は、自動車の高機能化によってソフトウェア開発は複雑化・大規模化し、重要性も高まっていると説明する。今回の協業により、住友電工はソフトウェア開発の迅速化と事業機会の最大化を図る。NECは自社の開発リソースを柔軟に提供し、開発の複雑化・大規模化に素早く対応する。

 今後は、AIやIoTを活用した高度なセキュリティを有するコネクテッド製品を開発し、モビリティ事業を拡大するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]