ウイングアーク、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の新バージョンVer3.0を出荷開始  現場で使える直感的なデータ活用・データ共有を実現

業務現場で使えるやさしく分かりやすいデータ活用環境が幅広い業種の企業様に支持され、導入実績2000社をこえる

ウイングアーク1st株式会社 2008年03月27日

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」の新バージョン「Dr.Sum EA Ver3.0」を3月28日より出荷開始することを、お知らせいたします。また、あらゆるデータ活用ニーズにオールインワンで対応する新製品「Dr.Sum EA Datalizer Expert」を併せて出荷いたします。(詳細下記参照)

 企業が扱うデータ量は日に日に増え続け、“データ活用”は企業の経営を支える重要な鍵となっています。BIに注目が集まる中、データ可視化のニーズは多様性を極め、データ活用の活用シーンは限られた経営者層だけでなく、業務現場へと拡がってきました。2001年の発売当初から、日本の業務におけるデータ活用を掲げてきた「Dr.Sum EA」シリーズは、経営者、業務現場の担当者の双方にとって分かりやすく使いやすいデータ活用環境を提供してきました。また、現場のデータ集計の細かな要望に応えるために機能の拡充を続け、速い、簡単、きれいなデータ活用環境を適正な価格で実現してきました。

 新バージョン「Dr.Sum EA Ver3.0」エンジンは64bit対応で、あらゆるデータ活用に備えるパフォーマンスを持ちます。またUnicode対応により、多様化・グローバル化するビジネスニーズに柔軟に対応することができます。加えて、直感的なインターフェイスによるOne to Oneのデータ活用、日本の業務にあわせた多様な集計OUTPUT形式によって、データ活用ニーズに柔軟に対応し、業務の可視化をはかります。またこれまで固有のシステム内では実現がむずかしかった、ホスト、オフコン、ERPや各種データベースなどの上位システムのデータを簡単に取り込むことができ、社内データを自由な角度から集計することが可能です。

 併せて出荷される新製品「Dr.Sum EA Datalizer Expert」は、Dr.Sum EAエンジンからの集計データをWebブラウザでもExcelでも集計することができ、必要に応じて集計結果をPDFに変換することもできます。Dr.Sum EAシリーズのこれまでの特徴を活かし、システムではなく人の集計ニーズにあわせる自由な集計が実現できます。また、新たな機能として、ユーザー単位のディレクトリ管理や画面設定ができるパーソナライズ機能と、集計結果表示の応答性が向上するキャッシュ機能が加わりました。
・パーソナライズ機能:ユーザー単位のディレクトリ設定、環境設定やシステム値設定が可能で、個人の集計ニーズに応じてカスタマイズが可能です。また個人が設定した集計定義を公開することができ、データ集計定義を社内・部門・チームで共有することにより、データ活用の幅が大きく拡がります。
・キャッシュ機能 :取得した集計データを一定期間キャッシュすることで、2回目以降の集計速度の向上をはかります。これによって、データ共有が必要な対象者にむけて必要な情報を共有することで、データ集計処理時にシステムに負担をかけることなく、より速くデータを提供することができます。

「Dr.Sum EA」シリーズは、2001年5月の発売以来、2008年2月現在で2,000社/3,250サーバという導入実績があります(※2008年3月27日現在での導入社数は2012社)。今後も引き続き、多様化するニーズに最適なソリューションを提供し、現場の担当者から経営者層にいたるまで全社でのデータ活用ソリューションを提供してまいります。また、Dr.Sum EAはビジネスを強くするため“5つのパフォーマンス”で経営や業務現場で企業のデータ活用を推進していきます。
●業務現場のパフォーマンス向上
ユーザインターフェイスのやさしさ、すぐに使える分かりやすさ
●システム構築のパフォーマンス向上
短期システム開発とユーザーニーズの即応力+柔軟性
●経営改革のパフォーマンス向上
業務改革や改善に向けた経営判断のために、チャートを活用した経営コクピットでデータの可視化
●コストパフォーマンス
導入、運用にかかる双方のコストに明らかな導入効果
●集計パフォーマンス
ユーザーを待たせない、必要なデータを瞬時に集計する、思考を止めない操作性

 なお、「Dr.Sum EA Ver3.0」詳細については下記URLをご参照ください。
  (リンク »)

<製品価格>
■Dr.Sum EA Ver3.0
・Dr.Sum EA Enterprise(64bit対応)
 【定価】8,000,000円から(消費税別)
・Dr.Sum EA Premium(64bit対応)
【定価】2,500,000円から(消費税別)
※同時実行数、データボリュームにより価格が異なります。詳細価格についてはお問い合わせ下さい。
■Dr.Sum EA Datalizer Expert
 【定価】2,500,000円(消費税別)

<稼働環境>
詳細については下記URLをご参照ください。
(リンク »)

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サービス、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:70億円(2007年2月期)
従業員数:146名(2007年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:drsum@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?