ウイングアークとスマートバリュー、自治体向けの公共施設予約システムを提供

NO BUDGET

2024-05-01 11:35

 ウイングアーク1stとスマートバリューは4月30日、自治体向け公共施設予約システム「ラクリザ」の提供を開始した。

 ラクリザは スムーズな予約を可能にするクラウド型予約システムで、施設の利用者/管理者双方のニーズに対応している。また政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)で認証済みのクラウド基盤で提供している。

 利用者は手元のスマートフォンから空き状況を確認でき、いつでも施設予約が可能となる。直感的に操作可能なシンプルなデザインを追求し、誰もが使いやすいユーザーインターフェース/ユーザーエクスペリエンス(UI/UX)を実現した。

利用画面のイメージ
利用画面のイメージ

 一方、施設管理者は運用体系や予約条件を任意に設定できるようになり、リアルタイムに予約状況や統計情報の把握ができる。データ収集から蓄積、分析、可視化、さらには報告に至るまで、データ活用を効率化する一連の機能を1つのプラットフォームで提供している。

 両社は、2022年11月から北九州市において、体育館を対象にした公共施設予約システムの試験導入を行い、調査を進めてきた。その結果、実際に調査アンケート回答者の73%を占める高齢者層のうち、85%がラクリザの使用に対してポジティブな満足度を示しているという。

 体育館の運用については、会議室等のシンプルな全面予約と違い、先着予約だけではなく抽選予約に対応が必要となる。また競技ごとに必要な広さが変動することもあり、さらに安全に配慮して隣接して実施できない競技を設定する必要も出てくる。そのため会議室などのシンプルな全面予約と違い、複雑な運用体系へのシステム対応が求められていたという。

 調査では、自治体が管理する公共施設の利用に当たり、市民は窓口での手続きが煩雑、あるいは予約受付が施設の開館時間に限られていることなどにより不便を感じていることが明らかになった。一方、施設管理者にとっても、施設ごとに細かく異なるルールの適用や、利用状況の集計などの業務が大きな負担となり、効率的な施設運営の課題が浮き彫りとなっていた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]