シーメンスPLMソフトウェア、Insight XTを発表、Solid Edgeユーザーを支援するMicrosoft SharePointベースの新製品、設計データ管理の簡素化とコスト削減を実現

シーメンスPLMソフトウェア 2012年06月13日

From Digital PR Platform


シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、設計データ管理ソリューションの新製品Insight(TM) XT(TM)を発表しました。Insight XTは、Solid Edge(R)のCADファイルとそれに関連する設計データ管理に使用できます。MicrosoftのSharePoint(R)をベースとしたInsight XTは、データとプロセスの最適な体系化を支援し、Solid Edgeユーザーが実行する日々の設計タスクを大幅に簡素化することで迅速な製品化を実現します。Insight XTには、SharePointの標準ドキュメント・ライブラリにはなく、かつ製造部門にとっては必要となる新しい部品構造、製品構造、プロジェクト構造が追加されています。

この発表はグローバルなユーザーイベントであるSolid Edge University 2012で行われました。このイベントでは、参加者がInsight XTに実際に触れ、Solid Edgeをどのように補完するのか、実際に体験することができました。シーメンスPLMソフトウェアはまた、顧客の要望を取り入れてさらなる生産性の向上を実現する1,300点にも及ぶ機能強化が行われたSolid Edge ST5のリリースも同時に発表しました(*1)。

「製品が複雑化するにつれ、それに伴う設計データの量も増加の一途を辿っています。製造業では、増大するデータを、あまりコストをかけずにいかに管理したらいいか、大きなプレッシャーを抱え、またデータ管理ソリューションの複雑性に悩まされています。Insight XTはシンプルで直感的な使い易いソリューションで効率性を高め、製造業が所有するデータや知的財産を完全に管理できるようにします。Insight XTは、MicrosoftのSharePointと共に10年間以上も築き上げてきた技術的なリーダーシップと顧客の成功事例の上に開発されたものです」と、シーメンスPLMソフトウェアのメインストリーム・エンジニアリング担当バイスプレジデントのKarsten Newburyは述べています。

Insight XTは、部品構造、製品構造、プロジェクト構造を新しいアプローチで管理することにより、Solid Edgeファイルとそれに関連する設計データの保管や検索を簡素化し、新製品の導入や製造へのリリースといった複雑でミスの起こりやすいプロセスを自動化および簡素化します。新しいコンテンツ/リレーション・ブラウザ・インターフェイスがデータの関連性と関連タスクをダイナミックなビジュアルで表示するため、ユーザーは複雑な設計データや設計変更案の影響を迅速に把握することができます。またInsight XTは設計データ管理に対して直接的なアプローチを採用しているため、検索にかけていた時間を設計データとのインタラクティブな作業時間に活用し、設計作業を大幅に簡素化することができます。

設計データ管理のベストプラクティス
大手メーカー2,000社以上を対象にシーメンスPLMソフトウェアが独立系調査会社のTech-Clarityと共同で行った最近の調査で、大半の企業が設計データの管理に、何らかの専用データ管理ソフトウェアを使わずにWindows(R)のフォルダーとネットワーク・ドライブを使っていることが分かりました。これらの企業は、データの検索と設計変更の経緯を追跡することに大きな課題を抱えていました。またその約25%の企業が付加価値を生まないデータ管理タスクに労働時間の20%以上を費やしていました。これは5日間の週労働日数の丸1日に相当します。

一方、自社の製品開発のパフォーマンスを高いと評価した企業は、そうでない企業に比べて、専用のデータ管理ソフトウェアを使っている割合は30%高く、またデータの検索と共有や設計プロジェクトの管理といった重要な点においても有意に効率的であったという結果が得られました。本調査の詳細については、調査報告書“Best Practices for Managing Design Data”に記載してあります。www.siemens.com/plm/bestpracticesをご覧ください。

「製品の複雑化がデータ管理の必要性を高めており、規模を問わずすべての企業でデータ管理のパフォーマンスを改善する大きな余地があることがこの調査で分かりました。また、それ以上に重要な知見かもしれませんが、製品開発のパフォーマンスを世界クラスと回答した企業は、そうでない企業に比べて、非生産的なデータ管理タスクにかける時間が25%少なかったのです」と、Tech-ClarityのプレジデントであるJim Brown氏は述べています。

Microsoft SharePointをベースにしたInsight XT
Microsoft SharePointをベースにしたInsight XTは、ビジネスの生産性を向上させる使いやすいソリューションであり、あらゆる情報とコラボレーションのための使い慣れた環境を提供します。

「Microsoft SharePoint 2010は、適切な人が適切な情報に適切な時にアクセスできること、十分な情報に基づいて意思決定できること、プロジェクトを可能な限り短期間で完遂できることなどの必要性から、世界中の製造企業に急速に使われるようになっています。設計データ管理とコラボレーションを必要とする市場に、SharePointをベースにした高付加価値ソリューションを提供してきたシーメンスPLMソフトウェアの実績に心から感銘します。Insight XTは世界中の製造企業において設計データの管理を飛躍的に前進させるものであり、SharePoint 2010が支援する重要なビジネス・データとプロセスと同時に活用することができます」と、Microsoftのワールドワイド・ディスクリート製造業向けイノベーションおよび製品ライフサイクル管理ソリューション担当ディレクターであるSimon Floyd氏は述べています。

「シーメンスPLMソフトウェアは長い間、SharePointをベースとしたSolid Edge専用のデータ/プロセス管理ソリューションであるInsightを提供し、顧客に高い価値をもたらしてきました。今回リリースされるInsight XTは、シーメンスPLMソフトウェアがMicrosoftと連携し、SharePointにかけてきた投資と、さまざまな分野の製造業に対して製品開発管理を支援してきた膨大な経験と実績の延長線上にあります。Insight XTには、製造業が必要とする製品構造管理などの重要な機能や、複雑なデータの関係性を簡単に理解できるようにするツールなどが追加されています。コストやデータ管理の複雑さに懸念を感じているSolid EdgeユーザーはInsight XTを導入することを強くお勧めします」と、PLM業界の大手コンサルティング&リサーチ会社のCIMdataのプレジデントであるPeter Bilello氏は述べています。

Insight XTは、Microsoft SharePointプラットフォームと連携し、Solid Edgeのファイルとそれに関連する設計データの管理を支援する堅牢で使いやすい設計データ管理ソリューションです。マルチCADやエンジニアリング・プロセスのデータ管理を含むPLM機能を必要とする企業は、世界で最も広く利用されているPLMシステムであるシーメンスPLMソフトウェアのTeamcenter(R)のプラットフォームを活用することができます。

Insight XTは今夏の出荷を予定しています。詳細については、リンク ») をご覧ください" target="_blank"> (リンク ») をご覧ください。

*1 Solid Edge ST5のプレスリリースは下記をご覧ください。
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界71,000社のお客さまにサービスを提供し、700万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用制御技術、産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる取り扱い品目を提供し、製品の設計から製造、サービスに至る製造企業のバリューチェーン全体を支援しています。産業オートメーション事業部が提供するソフトウェア・ソリューションを活用することにより、新製品の市場投入期間を最大で約50%も短縮させることができます。産業オートメーション事業部は、産業オートメーションシステム、制御機器とシステムエンジニアリング、センサと通信、シーメンスPLMソフトウェア、水処理技術の5つのビジネスユニットから構成されています。詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。Insighht XT、Solid EdgeおよびTeamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。SharePointおよびWindowsはMicrosoft Corporationの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]