編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

■□ クラウド基盤へのモダナイゼーション成功のポイントを事例やデモで紹介 □■

~ 3月10日・11日開催の『Cloud Days Tokyo 2016』に出展 ~

株式会社システムズ

2016-02-15 10:30

マイグレーション プロバイダ システムズは、2016年3月10日(木)・11日(金)に開催される「Cloud Days 2016 Tokyo」に出展します。展示会場内の出展社ブース(小間番号=4312)と、出展社セミナーにて、今注目を集めるモダナイゼーションを活用したオンプレミスからクラウド基盤へのレガシーシステムの移行事例などを交え最新クラウド活用動向をご紹介します。
株式会社システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小河原隆史)は、3月10日(木)・11日(金)の2日間、ザ・プリンスパークタワー東京で開催される『Cloud Days Tokyo 2016』に出展します。ブース展示とセミナーで、クラウド基盤へのモダナイゼーションを成功させるためのポイントを紹介します。

クラウドは本格的な運用の時代を迎えています。レガシーのメインフレームからオープンシステムに移行し近代化する「ITモダナイゼーション」もクラウド化の動きが活発化しています。こうした中、当社は、メインフレームの最新モダナイゼーションをテーマに、クラウド基盤を最大限に活用するためのノウハウを展示やセミナーでご紹介します。

展示ブースでは、クラウド基盤の活用を前提としたシステム見直しや再構築について、マイグレーションのリーディングプロバイダとしての経験やノウハウを活かした数々のソリューションとサービスをご紹介します。各種デモンストレーションやシステム再構築に関する相談窓口などもご用意して、情報システム部門担当者の課題解決をサポートします。

■最新移行事例から成功のポイントを探る出展社セミナー

また、3月11日(金)12:30から展示会場に隣接したE会場で『メインフレームのクラウド基盤へのモダナイゼーション事例にみる成功のポイントとは!』と題した出展社セミナーを開催します。自治体クラウドなど、レガシーシステムのクラウド化には実績のある当社が、メインフレームの最新モダナイゼーション事例からクラウド移行を成功に導くポイントを解説します。

―>> 出展詳細 <<-
●イベント名 : Cloud Days Tokyo 2016
●開催日時 : 2016年3月10日(木)・11日(金) 10:30~18:00
●開催場所 : ザ・プリンスパークタワー東京 小間番号 : 4312
●主  催 : 日経BP社
●公式URL : (リンク »)
●当社出展概要 :  (リンク »)
●出展内容 : クラウド基盤化マイグレーション/ ERP化補完型部分マイグレーション
VB6.0 to .NET マイグレーション/異言語(PL/1&4GL) to COBOLマイグレーション
WindowsServer2003マイグレーション/レガシーシステム資産可視化 など

―>> 出展社セミナー概要 <<-
●タイトル : メインフレームのクラウド基盤へのモダナイゼーション事例にみる成功のポイントとは!
●講演概要 : メインフレームからオープン系のシステムに移行し近代化する「ITモダナイゼーション」もクラウド本格化時代の今、エンタープライズ基盤をオンプレミスからクラウドへ移行する例も増加。クラウド基盤活用が拡大中です。今回はメインフレームの最新モダナイゼーション事例からクラウド移行を成功に導くポイントを解説します。
●講師 : システムズ マイグレーション事業本部 企画推進部 担当部長 中本周志
●対象 : クラウド推進およびマイグレーションによるITコスト削減に関心のある企業のシステム担当者 
●講演日時 : 2016年3月11日(金) 12:30~13:10 [受講無料・要事前登録]
●講演場所 : E会場
●セミナー詳細と事前登録はこちらから (リンク »)


■『レガシーマイグレーション』サービス ポータルサイト (リンク »)
■システムズのマイグレーションセミナー情報 Webサイトはこちらから
(リンク »)

■株式会社システムズについて 
 当社は、1969年に設立されコンピュータ・システムの進化とともに歩んでまいりました。基幹系システム、情報系システム、Webソリューションの構築において幅広い実績を積むとともに、『マイグレーション特許』を2003年に取得(特許第3494376号)。現在、関連特許を含め国内外で16の特許を保有。独自のシステム開発にも磨きを掛け、事業領域を拡げながら進化し、現在に至っております。

■会社概要 
社     名: 株式会社システムズ
代表取締役社長: 小河原 隆史
住     所: 〒141-0031
東京都品川区西五反田7-24-5 西五反田102ビル8F
会社URL: (リンク »)
TEL: 03-3493-0033(代表) / FAX: 03-3493-2033
[事業内容]
・マイグレーション(レガシーシステム移行)/システム インテグレーション/システム コンサルティング
・ソフトウェア受託開発/ソフトウェアパッケージ販売/情報処理機器販売

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社システムズ マイグレーション事業本部 広報担当:中本
TEL:03-3493-0032
E-mail:news_release@migration.jp

【商標について】
文中の社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

用語解説

■略称説明
レガシーマイグレーション :
 メインフレームに代表されるレガシーシステム(旧式のシステム)を、OSなどの環境が異なるオープン系のプラットフォームに移行すること。
 このようなレガシーシステムはリース料や保守料、ソフトウェアのライセンス料が高額です。近年、オープン系のOSやプラットフォームの低価格化・高性能化に伴い、旧来のレガシーシステムをこうした新しいオープン系システムに移行することで運用維持費を削減しようとする動きが顕著となっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社システムズの関連情報

  • NECとシステムズ、Windows Vista対応システム導入分野で協業

    NECとシステムズは、Windows Vista対応システム導入ソリューションの販売で協業する。VistaやOffice2007導入にともなうコンサルティングサービスや、アップデートが必要な周辺ミドルウェア製品の組み合わせ検証などに取り組む。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]