設計外注業務にSolid Edgeを利用して、設計変更の要求に応える柔軟なサポートを提供

シーメンスPLMソフトウェア 2016年09月23日

プラント設備から鉄道車両、産業機械などの事業領域で、大規模な製品から細かい装置製品に至るまで様々な分野の工業製品の設計業務を行う、三共技研工業株式会社(神奈川県横浜市、以下 三共技研工業)は、シーメンスPLMソフトウェアの「Solid Edge」の導入により、設計外注業務における設計初期の変更要求への柔軟な対応や一ヶ月単位でのコスト管理、また3D設計担当者育成期間の短縮化を実現しました。

三共技研工業のNX導入の主な効果は下記の通りです:
- シンクロナス・テクノロジーの活用で設計初期の変更を容易に対応
- Solid Edge Monthly Subscriptionの活用により一ヶ月単位でコスト管理を実現
- 3D設計経験の少ない設計者でも1ヶ月で実践レベルに成長

※本事例の詳細については下記のWebサイトをご覧ください。
(リンク »)

三共技研工業について
(リンク »)

Solid Edgeについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェアについて
(リンク »)

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]