編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NSW、配送業務効率化ソリューションのLiteプランを提供開始~車両運行管理業務のトータルサポートを低価格・短納期で実現~

日本システムウエア株式会社

From: DreamNews

2018-01-09 11:30

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長多田尚二)は、配送業務効率化ソリューション「GUIDE LINER(ガイドライナー)」において、新たに低価格・短納期で利用可能なLiteプランを本日より提供開始いたします。

「GUIDE LINER」は、中堅・中小の物流・配送業における車両の動態管理、運行管理、配送管理などを行う業務効率化支援システムです。市販のAndroidスマートフォン・タブレットがドライバー端末として利用でき、専用アプリケーションのインストールとWeb登録だけでサービスを開始できます。管理者は行き先情報にもとづいた配送・運行計画の作成、割込み登録による行き先変更が行えるほか、外出先ドライバーからの業務報告にも対応し、オンラインで車両の動態管理を実現します。

このたび提供を開始するLiteプランは、管理者からの車両位置や運行状況の把握、ドライバー端末からの簡易業務状況報告や安全運転診断など、シンプルな機能に絞ることで1台あたり月額500円~(最低契約数10台、以降1台毎に追加可能)と、これまで以上に低価格かつスピーディな導入を実現します。

オプションとして、ドライバー端末でのナビゲーション利用、自動配車、アルコールチェックなどの機能が追加できます。また、倉庫管理システムとの連携、業務端末やドライブレコーダー、デジタコをはじめとする外部機器との連動も可能で、お客様の要件に合わせた柔軟なカスタマイズ対応により、さらなる業務効率化を支援します。

なお、LiteプランはGooglePlayから「GUIDE LINER Lite」のアプリケーションをインストールし、Web上で企業登録を行うと、1ライセンス限定の1カ月間無償試用が可能です。本システムはLiteプランを含め、今後2年間で100社3,000台の販売を目指します。

※2018年1月17日(水)~19日(金)に東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド2018」(ブース番号E54-10)に本システムを出展いたします。

■「GUIDE LINER」活用イメージ

■関連リンク
・配送業務効率化ソリューション「GUIDE LINER」  (リンク »)
・GooglePlay「GUIDE LINER Lite」アプリ
  (リンク »)
・「オートモーティブワールド2018」出展のご案内
  (リンク »)

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。これらの実績を生かし、IoTクラウドプラットフォーム「Toami」を中心とした、IoT/M2M分野の各ソリューションやサービス提供に注力し、IoTインテグレータNo.1を目指します。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
プロダクトソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:天野
TEL:03-4335-2610
E-mail:ML-Automotive@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:染葉(ソメハ)、金子
TEL:03-3770-4014
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]