超高速開発ツールのMagic xpaが 実行エンジン型ツール販売実績でトップシェア

シェア40%を超えて3年連続1位

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社 2018年03月13日

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:佐藤敏雄、以下マジックソフトウェア)は、株式会社ミック経済研究所より発刊された「アジャイル開発で注目される 超高速開発ツールの市場動向 2018年版」において、Magic xpaが業務アプリ実行エンジン型の開発ツールにおけるライセンス販売実績で3年連続トップシェアを獲得したことを発表いたします。

調査レポートのタイトルのように、超高速開発ツールはプロトタイピングや、アジャイル開発での活用で注目されています。弊社が加入する「超高速開発コミュニティ」では、国内で入手できる超高速開発ツール(製品・サービス)の問い合わせ先一覧を公開しており、この中でMagic xpaを取り扱う多くのソリューションベンダーをご紹介しています。
(リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の関連情報

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]