社内事業アイデア公募制度「Odakyu Innovation Challenge “climbers”」を開始します

小田急電鉄株式会社 2018年04月27日

From PR TIMES

~オープンイノベーションによって、小田急のありたい姿の実現と社会課題の解決を目指します~

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)では、2018年度から、社員から広く新規事業アイデアを集め、熱意ある人材を発掘・育成する制度「Odakyu Innovation Challenge “climbers”」を開始します。



本制度は、「長期ビジョン2020」で新たに設定した小田急グループのありたい姿である「未来フィールド」の実現や、社会課題の解決を目指し、既存の事業や組織の枠組みを超えて社員が新たな事業の創造にチャレンジすることで、人材育成とイノベーティブな風土の醸成を図るものです。

アイデアについては当社社員が立案し、実施にあたっては、積極的に組織内外の技術・ノウハウをかけ合わせることでイノベーションの連鎖を起こして市場機会を増やし、市場開拓や社会課題の解決に資する事業の実現を目指します。

概要は下記のとおりです。



1 名称
「Odakyu Innovation Challenge “climbers”」
(小田急イノベーションチャレンジ クライマーズ)
イノベーションの実現に向けて、周囲と協働し、多くの学びや気づきを得ながら共に取り組む姿勢や、事業化に向けた歩みを“山に登る”ことにたとえ、”climbers”と名づけました。

2 対象領域
「長期ビジョン2020」で新たに設定した小田急グループの「ありたい姿」=「未来フィールド」の実現や、社会課題の解決を目指すものを対象とします。
[画像1: (リンク ») ]


(1)「未来フィールド」は、小田急グループのありたい姿として、お客さまや社会に価値を生み出していきたい四つの領域と、そのために自らがどのような組織でありたいかを示すものです。

(2)社会課題については、国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の国際目標「SDGs」を参考にします。

3 制度概要
社員が事業アイデアを立案し、成長戦略づくりを担う経営戦略部が事務局として審査、進捗をサポートします。立案者と事務局が一体となって、積極的に顧客の声を聞きながら柔軟に事業アイデアの修正と、実現に必要な外部パートナーとのマッチングを行います。

(1)事業化までの流れ

[画像2: (リンク ») ]


1.年に2回(2018年度は年に1回)、当社社員を対象に事業アイデアの公募を行います。
2.アイデア創出フェーズでは、事務局による審査を行い、通過したアイデアについて、事務局が提案者とブラッシュアップを行います。
3.インキュベーションフェーズでは、経営層による審査を通過したアイデアについて、積極的に顧客の声を聞きながら実現可能性の検証を進め、事業立ち上げ準備を行います。
4.事業化フェーズへの進捗は経営層が判断し、サービスイン後は定期的なKPIの振り返りを行いながら事業拡大の是非を検討します。

(2)サポート体制
1.応募者や応募検討中の社員に対して、事業創造に関する必要な知識を学ぶ機会を提供します。
2.事務局には外部有識者も参画し、提案者への助言を行うことでアイデアのブラッシュアップを支援します。
3.社内外から閲覧できるWebサイトの開設を予定しています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

小田急電鉄株式会社の関連情報

小田急電鉄株式会社

小田急電鉄株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]