編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FileMaker が Claris に社名変更-Stamplay社の買収とサービス統合により100万人を超えるユーザコミュニティに新しいクラウドサービスを提供

ファイルメーカー株式会社

From: ValuePress!

2019-08-07 09:00

ファイルメーカー株式会社は、米国本社の FileMaker, Inc. が、Claris International Inc. (クラリス インターナショナル インク) に社名を変更したと発表しました。世界をリードするワークプレイス・イノベーション・プラットフォームを提供する同社は、フロリダ州オーランドで開催中の「FileMaker開発者会議 (DevCon)」にて、新たな歴史の幕開けとしてこの重要な発表を行いました。なお、FileMaker, Inc. の日本法人である当社も、2019年8月20日付けで「クラリス・ジャパン株式会社」 (英語表記:Claris Japan, Co., Ltd.) に社名を変更いたします。


[資料: (リンク ») ]


2019 年 8 月 7 日 –  ファイルメーカー株式会社(東京都港区)は本日、米国本社のFileMaker, Inc.が、Claris International Inc. (クラリスインターナショナルインク) に社名を変更したと発表しました。世界をリードするワークプレイス・イノベーション・プラットフォームを提供する同社は、フロリダ州オーランドで開催中の「FileMaker開発者会議(DevCon)」にて、新たな歴史の幕開けとしてこの重要な発表を行いました。なお、FileMaker, Inc. の日本法人である当社も、2019年8月20日付けで「クラリス・ジャパン株式会社」(英語表記:Claris Japan, Co., Ltd.)に社名を変更いたします。


また今回の社名変更に加えて、Stamplay社を買収したことも発表されました。Stamplay のサービスを利用すると、規模の大小に関わらずあらゆる企業が、Box やDocuSign などのサードパーティ製クラウドサービスからのデータを自社のカスタムApp に統合できます。ClarisはStamplay のサービスを完全に統合した新サービスであるClaris Connect の提供をまもなく開始する予定であると公表しました。この新サービスにより、お客様は直感的なインターフェースを使用してクラウドベースの複数のサービス全体を横断したワークフローの自動化が可能になり、カスタムビルドのバックエンド統合を構築する作業から解放されます。Stamplay 社のCEOであったGiuliano Iacobelli (ジュリアーノ・イアコベリ) が引き続きClaris Connect チームの指揮をとります。


 Claris International Inc. のCEO、Brad Freitag (ブラッドフライターグ) は、FileMaker, Inc. にて6 年間グローバルセールス担当のバイスプレジデントを務めた後、今年3 月にCEO に就任しました。今後3 年間にわたってClaris International Inc. の顧客基盤を急拡大させるという意欲的な戦略を打ち出しており、今回の社名変更について次のように述べています。「Claris の語源はラテン語の『clarus』で、『鮮やかに、明るく、輝く』という意味です。各社それぞれのビジネスに合ったスマートソリューションでビジネス現場の問題解決者を支援するという、当社の使命を表現するのにこれ以上の言葉はありません。オンプレミスのカスタムApp とサードパーティ製のサービスが、最新で多機能かつ強力な融合体となり、当社のプラットフォームの利用範囲が拡大することで、お客様は、毎日使用する複数のクラウドサービスの垣根を越えて業務プロセスを合理化できるようになります。」カスタムApp とサードパーティ製のクラウドサービスという最新の組み合わせとして当社が提供するプラットフォームが拡張するため、お客様はより迅速に問題を解決でき、また機能に制限のないカスタムApp を作成できます。


1986 年にApple の子会社として創業したClaris は、1998 年には最重要製品に焦点を絞るためFileMaker, Inc. に社名を変更しました。その後、FileMaker, Inc. は5 万件以上の利用法人数と100万人以上のエンドユーザ数を持つまでに成長し、その間に80 回以上の四半期を送りましたが、常に黒字を達成してきました。


Claris Connect は、今秋から一部のお客様へご利用をご案内できる予定です。2020 年にはさらに広範囲で利用可能になります。Claris International Inc. とその製品・サービスの詳細については、www.claris.com/jp にて随時情報をお届けします。


Claris International Inc.は、少人数の組織から大企業や政府機関まで、チームで導入可能な一連のサービスを提供するWorkplace Innovation Platform (ワークプレイス・イノベーション・プラットフォーム) の会社です。アプライアンスApp (特定の機能や用途に特化したApp) や全社システムでは解決できない、型にはまった仕事のやり方を改革しようとするチームの人々を支援します。Claris が提供するClaris Connect およびFileMakerを問題解決者が使用すると、各組織固有の問題がビジネスに合わせて変化しても、すべて迅速に解決できるようになります。FileMaker では11 の言語がサポートされ、世界中で100 万人以上のユーザが利用中です。Claris International Inc. はApple Inc. の子会社です。日本法人のクラリス・ジャパン株式会社(2019年8月20日以降)はClaris International Inc.の子会社です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]