編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

TOKYO ALIFE 2020を開催

東京大学

From: Digital PR Platform

2020-02-06 14:05




AI(人工知能)時代が、ここから新しく動き出す。
未来の鍵を握る「ALIFE(人工生命)」とは何か。
ALIFE Lab.と東京大学次世代知能科学研究センターの呼びかけで、最新のアイデアと技術を持ち合わせた
研究者やアーティストが登壇します。3月27日(金)・28日(土)渋谷スクランブルスクエアに集結。





この度、一般社団法人ALIFE Lab.(本社:東京都渋谷区、代表:池上高志、以下ALIFE Lab.)は東京大学次世代知能科学研究センター(所在地文京区本郷7-3-1 、代表:國吉康夫)との共催にて「TOKYO ALIFE 2020」を2020年3月27日(金)・28日(土)渋谷スクランブルスクエア SHIBUYA QWSにて開催いたします。
※本カンファレンスは主に英語でのセッションです。(同時通訳あり) ※プログラム(別紙)は本サイトにて随時更新予定。

今年のテーマは ''ALIFE Everywhere'' Open-ended evolution and Human mind
本カンファレンスを主催するALIFE Lab.代表・池上高志の他、ノーマン・パッカード、デイヴィッド・ハー、茂木健一郎、斎藤由多加をはじめ、多数の登壇者がディスカッションを展開。ALIFEやAIの研究者が世界中から集います。さらに
他分野の研究者、発明家などアートやVR、ARなど周辺分野からの登壇者も多く参加し、新鮮なアイデアと技術のなかで生まれる、新しいALIFE、新しい未来の展開を議論します。
(登壇メンバーとプロフィールについては (リンク »)  をご覧ください。)
●3月27日(金)DAY1 *一般向けのカンファレンスになります。
1) AIからALIFEへ 2) 自律性と不死性 3) オープンエンドな進化 4) 拡張進化 5) 社会の中のALIFE(社会に拡張されたALIFE概念をめぐる対話です)
●3月28日(土)DAY2 *よりアカデミックなカンファレンスになります。
1)化学 2)学習 3)進化 4)エージェンシー

ALIFE(Artificial Life)とは
ALIFEは、生命と進化についての新しい理論の探究の場です。それは、AIやテクノロジーがより高度化し、生命化していく時代の新しい哲学と方法論でもあります。なかでもイノベーションを作り続ける進化のメカニズム、Open-Ended Evolution(OEE、オープンエンドな進化)はALIFEの長年のテーマであり、これは人間の持つ発想力や想像性と似た構造をもっています。
人間はなぜ、新しいことを考えてしまうのか。なぜ新しい技術をつくりつづけるのか。生命進化と人間の想像力に共通するもの――――そこにある何かを探り、さらなるチャレンジへのヒントを見つけます。

会  場: 渋谷スクランブルスクエア15階 (SHIBUYAQWS スクランブルホール)
東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号
主  催: 一般社団法人ALIFE Lab. / 東京大学次世代知能科学研究センター (共催)
開催時間:3月27日(金)DAY1 10:00~21:30 /28日(土)DAY2 9:30~17:00  
※タイムスケジュールなど詳しくは別紙プログラムにてご覧ください。
入場料: 3月27日(金)¥25,000/28日(土)¥ 7,000/両日¥30,000 (2020年2月12日よりHPにて販売)

ALIFE Lab.とは
ALIFE Lab.は、非営利の人工生命(Artificial Life = ALife)研究所。新たな世界の分かり方を探求するために、大学等の既存研究の枠組みにとらわれず、他分野との共同研究や表現活動、人材発掘や教育、またそれらの啓蒙活動を実施する。
2016年に複雑系科学/ALife研究者の池上高志氏(東京大学教授)、ウェブサイエンス研究者の岡瑞起氏(筑波大学准教授)、コンセプトデザイナー/社会彫刻家の青木竜太氏(ヴォロシティ株式会社代表取締役社長)が中心となり設立し、2019年9月に一般社団法人化。


次世代知能科学研究センターとは
Next Generation Artificial Intelligence Research Center略してAIセンター(AI Center)は、現状の人工知能技術の枠組みとその限界を超え、真に人間のためになり、将来の社会、産業、経済、文化、学術を駆動する新たな次世代知能科学体系の構築と応用、それを踏まえた将来社会ビジョンの提示と実現、および先進的な教育体系の構築と先端人材育成を目指し、東京大学の多様な分野が文理を越えて融合し総合力を発揮する連携研究機構として活動。

※本カンファレンスは非営利です。





▼本件に関する問い合わせ先
【TOKYO ALIFE 2020 公式ホームページ】 (リンク »)
一般社団法人ALIFE Lab.  PR担当 
榎戸(えのきど) 
TEL:090-1110-7315 
メール:umi120755@gmail.com


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]