編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

テリロジーとアイテック阪急阪神がTechSee社ビジュアルカスタマーアシスタンス・サービスをケーブルテレビ事業者及びエネルギー小売事業者向けに提供開始

株式会社テリロジー

From: PR TIMES

2020-04-28 18:35

緊急事態時のサポート業務継続を支援へ

株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:阿部 昭彦、以下「テリロジー」)と、アイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:清水 正明、以下「アイテック阪急阪神」)は、イスラエルTechSee Augmented Vision Ltd.(本社:イスラエル国ヘルツェリア市、Eitan Cohen、CEO & CO-Founder、以下「TechSee社」)のAR(拡張現実)とAI(人工知能)を活用した、リアルタイム画像共有によるカスタマーサポートを実現する次世代のソリューション「ビジュアルカスタマーアシスタンス・サービス」をケーブルテレビ事業者及びエネルギー小売事業者向けに近日提供開始予定であり、本日、2020年4月28日より申込受付を開始することを発表いたします。



【背 景】
カスタマーサポート業務において、音声によるサポートが中心となっており、現地の状況を十分把握できず解決までに必要以上の時間がかかるなど、お客様、オペレータ双方にとって大きな負担、ストレスにつながることがあります。
このような状況で、音声に加えてビジュアル(画像)を活用した「ビジュアルカスタマーアシスタンス・サービス」を利用することで、顧客満足度や問題解決率の向上、対応時間の削減によるコスト削減が実現できます。また、現地状況を迅速に把握できることから、緊急時の復旧指示ツールとしても期待されています。


【主な特徴】
[画像1: (リンク ») ]



ビジュアルサポート・・・画像による状況把握、AR機能によりポインターも共有が可能
専用アプリ不要・・・オペレータから受信したSMSにクリックするだけで利用可能
ビジュアルガイド・・・オペレータは、画像にガイドを追加し、サポート可能
双方向チャット・・・お客様と簡単なチャットメッセージのやりとりが可能
OCRスキャン(オプション)・・・シリアル番号やIDなどの英数字を自動認識



【導入メリット】
お客様の目の前の状況を、スマートフォンを通じてコールセンターで共有、ビジュアルガイドにより迅速に解決することができます。

1次コールでの解決率のアップ
技術者派遣が困難な状況下でのサポート業務の継続
技術者派遣率の削減
技術者の派遣コストを含めカスタマーサポート業務のコスト削減
お客様、オペレータ双方のストレス低減
迅速なトラブル解決による顧客満足度の向上


【アイテック阪急阪神の取組み】
アイテック阪急阪神は、ケーブルテレビ事業者及びエネルギー小売事業者向けに問い合わせシステムと顧客管理システムを統合した「i-PLAT」を提供し、関連する業務を円滑且つ効率的に運用するために「モバイル営業支援」「工事支援」等のサブシステムから「コールセンターサービス」「業務支援センターサービス」等の様々なソリューションの提供を行っていまいりました。
コンタクトセンターを運営する事業者様に「ビジュアルカスタマーアシスタンス・サービス」を提供することで、コールセンター業務の改善に貢献してまいります。


[画像2: (リンク ») ]



■アイテック阪急阪神の概要
アイテック阪急阪神は、阪急阪神東宝グループに属する情報サービス事業会社で、グループ内向けはもとより、グループ外向けのソリューション事業をはじめ、社会システム事業、インターネット事業、医療システム事業、システム開発受託事業など幅広く展開しています。

商   号:アイテック阪急阪神株式会社
代 表 者:代表取締役社長 清水 正明
設   立:1987年7月
所 在 地:大阪市福島区海老江1丁目1番31号
事 業 内 容:ソリューション事業、インターネット事業、社会システム事業、医療システム事業、
システム開発受託事業(技術サービス事業)
※詳細については、 (リンク ») をご覧ください。


■テリロジーの概要
テリロジーは、エンタープライズネットワーク、ブロードバンド・アクセス、セキュリティ、ネットワーク管理の4つのソリューションを中核に、米国やイスラエルの最先端ソリューションや自社開発製品を取り扱うテクノロジー・バリュークリエイターです。

商   号:株式会社テリロジー
代 表 者:代表取締役社長 阿部 昭彦
設   立:1989年7月
所 在 地:東京都千代田区九段北1丁目13番5号
事 業 内 容:海外ハードウェア、ソフトウェア製品の輸入販売、ネットワーク関連製品の販売、
システムコンサルティングと構築、教育など
※詳細については、 (リンク ») をご覧ください。


■TechSee社の概要

TechSee社は、人工知能と拡張現実を搭載した世界初のインテリジェントなビジュアルエンゲージメントソリューションを提供することにより、カスタマーエクスペリエンス領域に革命をもたらしました。
TechSee社は、世界中の企業が、より良いカスタマーエクスペリエンスを提供しつつ、コストを削減することを可能とします。
TechSee社は、モバイルテクノロジー、コンピュータービジョン、機械学習、ビッグデータで長年の経験を持つ業界のエキスパートが率いています。
なお、テルアビブに本社を置き、ニューヨークとマドリードにオフィスを構えています。
※詳細については、 (リンク ») をご覧ください。

■本件についての報道機関のお問い合わせ先

アイテック阪急阪神株式会社 マルチメディア事業本部 TEL:06-6347-0384 solution@i-plat.jp
株式会社テリロジー     グループ事業推進統括部 TEL:03-3237-3291 tech-see@terilogy.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社テリロジーの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]